9月の阿倍高

 

今年は618日の大阪北部の地震に続き、大雨警報による交通影響や38℃を記録した猛暑による部活動制限やそして94日は非常に強い台風21号と続いて自然の猛威にさらされました。その都度事前の指示だけでなく、対応をメールやH.Pでお伝えしましたが全ての生徒の皆さんには情報が届かなかったと思います。しかし、生徒自ら情報を入手して、適切な判断と落ち着いた行動で危   険を回避し、混乱しなかったのは素晴らしいことでした。

 

 

 

97.8日の文化祭では台風や雨などで準備活動が十分できない状況で全日まで心配でしたが、自治会や文化祭実行委員会の適切なリードのお蔭で当日は場所の変更や企画の変更などもしながらも見事に成功し、生徒全員の力が結集して盛り上がりました。年々生徒の自治力が向上していることが顕著に見られました。

 

 

 

 

PTAの保護者のカレーは毎年楽しみなところでしたが、使用場所の同窓会館が大規模な雨漏りがあり、中止せざるを得なくなりました。急遽、メロンパンやジュースなどの販売に切り替えたものの売れ行きが早く完売しました。創立100周年記念タオルも用意した枚数のほとんどの約80枚が同時に売れました。PTAの方々には急な対応にもかかわらず頑張ってくれました事に深く感謝いたします。

 

 

クラブではダンス部が大阪代表として全国大会に出場し、自分たちのパフォーマンスを存分に発揮してきたようです。また苦労の多かった硬式野球部も、公式戦では2年ぶりといえる勝利をしかも1回戦2回戦共にコールド勝ちをおさめるなど、とてもうれしい活躍がありました。