平成29年度1学期がスタートしました。

 

平成29年度 70期生3年生、712年生、721年生 がスタートしました。 

今年度も変化・進化・挑戦を合言葉に、常に前進してまいります。 

 

昨年度末の69期生の進学実績は私たち教員の予想を大幅に上回る結果をうみだして驚かせてくれました。

   また、今の2・3年生においても同じく英語模試による大幅な学力の向上が明らかになっています。

   原因はこれだと特定できるものではありませんが、本校生徒の頑張りと本校教育活動の取組みがうまくかみ合ってきたのではないでしょうか。 

ここ3~4年間にわたり、最も大きく変化していると感じることは、毎日の全ての授業において、生徒たちの取り組む姿勢は確実に進化しています。 

きっかけの一つは、本校は4年前からの挑戦として、全教室に設置された電子黒板を活用し、朝学を始めたことにあります。 

他校より始業時間の早い8:25分から、一斉配信の英語聴き取り書き取り学習で脳が活性され、その後、引き継いだ授業でも集中力が持続して頑張れているのです。 

そして毎朝続けることで自然にそんな姿勢が身についたのではないでしょうか。 

また、英語多読授業では大量の教材をそろえて英語の童話や短編など多読する習慣をつけています。 

英語のスキルを高めるだけでなく、より身近なとらえ方で、わからない単語があっても文章理解を楽しんでいるようにも見受けられます。 

 

これらの生徒たちの意識の変化、取り組む姿勢の進化によって、成果が出ているのだと思います。

  

410日の始業式、入学式では、「阿倍高の今の上昇する勢いをみんなで高めあってさらに挑戦していきましょう!」という激励の言葉を投げかけましたが、それを聞く生徒達の目が私は輝いているように見えたのは気のせいではないと思っています。 

 

最後になりましたが、本校のホームページ全般につきまして、本年度は内容の改善に重点をおいて努めさせていただきます。よりわかりやすい本校の情報をご提供し、皆様と共有させていただくことことで、本校の発展につなげていきたいと思います。今後ともご理解とご協力をいただけますようよろしくお願い申し上げます。