1年生のキャリア教育

 

今日、1年生の6限は仕事について考えるキャリア教育。講師は、テーマパーク研究家の本松豊太先生。ご自身の体験をもとに、テーマパークでの多種多様な仕事についてお話しいただきました。

 

 

 

まずは「テーマパークと遊園地との違いは?」という問いかけからスタート。生徒に違いを考えさせ答えさせます。それを踏まえ、パークの運営、パークの紹介・告知、会社のサポート、会社の資産保持といった分類から、様々な仕事を紹介されました。

 

特に興味深かったのは「ランドスケープ」という分野。セットと植物が一体となったパークの「ランドスケープ=景観・風景」を最高の状態で保守・管理する仕事ですが、言われてみれば「なるほど必要だ!」と気づかされます。とかくショーや接客など、ゲストと接する仕事が目に付きやすい傾向にありますが、陰で支える「裏方」としての仕事に従事する人の「仕事のやりがい」を感じました。

 

生徒たちもしっかり聞いていました。