気象予報士講習会

本日、本校で「気象予報士講習会」が開催されました。対象は気象予報士に関心のある生徒と地学担当教諭。府内の高校から生徒5名、教員が約30名参加しました。講師は気象予報士の資格を持つ高校教員。本校は会場を提供。

 

ご存知、気象予報士はテレビの天気予報で見かける人気資格です。試験もそんなに簡単ではありません。本日の講習会は、ここ数年、本校を会場として地学教育研究会(府内の地学教員による任意組織)の主催により開催されているものです。

今日は天気予報の基礎を学ぶなど試験の入門講座となりましたが、明日も日本気象株式会社の見学会が予定されており、施設見学とともに実際の気象観測データの解析などの説明を受けます。

 

本日参加の高校生5名の中から、未来の気象予報士が誕生すればうれしい限りです。