幼稚園での体験授業

本日、3年生の選択授業「子どもの発達と保育」では、幼稚園での体験授業。本校のお隣にある南大阪幼稚園の協力をいただき、園児との交流授業を行いました。

生徒たちは、幼稚園の年少、年中、年長の3クラスにあわせグループに分かれ、それぞれ一緒に食事したり、鬼ごっこしたり。楽しい時間を過ごす中で、幼児との接し方などを学びます。

初めての取組みですが、阿倍高生は手作りの名札や「おみやげ」を用意。かわいらしい幼稚園児たちも元気いっぱい。一緒に遊んでもらい大喜びの様子。阿倍高生の感想は「楽しかったです。また交流したいです」。

 幼児教育に興味・関心のある生徒にとっては、自らの進路検討において参考にできる実りある交流となりました。そうでない生徒にとっても、幼児とのふれあいの中で得るものの多い時間となりました。

 

これからも幼稚園に限らず、授業の内外で地域の人々との交流を深めていきたいと思います。