1年生は人権講演会

本日1年生は人権講演会。車いすラグビーの元日本代表であり、現在日本代表チームコーチの三阪洋行さん。

三阪さんは、布施工業高校時代にラグビー中の事故で頚椎骨折。両手足に障がいを負い発汗機能も失われました。リハビリ回復に期待を抱いたものの、医師から一生車いす生活と宣告され、絶望的になります。しかし車いすラグビーに出会い、新しい目標ができ、前向きな気持ちが起こり、残された体を活かしてポジティブに生きる決意を抱かれました。その後3度のパラリンピックに日本代表として出場。今は現役を引退し、コーチに就任されています。

 今日は、ビデオで車いすラグビーの紹介とともに、車いすのぶつかり合いも実際に見せてもらいました。ぶつかる音はすごい迫力。生徒たちもびっくり。

障がい者やパラリンピックへの理解、また目標を持つことの意義を強く訴えられたのが印象的です。勇気をもらった1時間でした。

 

 今年のリオデジャネイロ・パラリンピックに日本は出場します。車いすラグビーが楽しみになりました。心から応援したいと思います。