芸文祭

 本日、芸術文化祭の開会行事に出席。会場は大東市の総合文化センター(サーティホール)に主催は大阪府高等学校芸術文化連盟と府教委。今年で36回目となります。

  

部活動と言えば運動部だけではありません。たくさんの文化部があります。芸文祭とは文化系クラブに属する高校生の発表の場です。今日はその開会式。会場には多くの高校生たちが集まりました。 

本校からもこの行事に演劇部と茶道部が出席。生徒挨拶の大役をこなしたのは、本校の演劇部2年生木下紗那さん。昨年の同好会の立ち上げから今年度部に昇格した経緯を踏まえ、芸術の素晴らしさを伝える素晴らしいメッセージでした。 

また第二部には各校の生徒がパフォーマンス。ダンス部や和太鼓部など19校の生徒が出演。ダンスでは予選会を勝ち抜いてきた学校ばかりで、そのクオリティの高さには驚きです。 

そのオープニングを飾ったのは本校演劇部。10分ばかりの寸劇でしたが、会場は笑いの渦。大いに盛り上げてくれました。なお会場内は写真撮影禁止でしたのでお伝えすることができないのはご了承ください。写真は開会前に会場の外で練習中の様子です。

 茶道部は、この開会行事に合わせ開催された学生茶会に参加。こちらも参加校は19校。高校生たちは受付、水屋担当からお点前まで大活躍。「和心」をテーマに来場者にすばらしいお点前を披露してくれました。写真は受付の様子です。

 

高校生の無心で頑張る姿には本当に元気づけられます。今日は大阪の高校生すべてにお礼を言いたい気持ちになりました。ありがとうございました。