府教委の学校視察

本日は大阪府教育委員会からの学校視察。本校の授業の様子を見学され、学校課題についての意見交換をしました。

 

府教委の職員2名は、主として「多読」活動を見学。「多読」とは、「朝学」(毎朝10分間の英語の聞き取り・書き取り授業)と並び本校の特徴ある授業の一つです。

とにかく「辞書はひかない、わからないところは飛ばす、つまらなければやめる」の多読3原則に則り、ひたすら読み取る力を高めるものです。現在「コミュニケーション英語」の時間に週1回20分間行っていますが、1・2年生の授業の様子を見てもらいました。

 生徒たちは、自分の力のあった本を選び、次から次に読み進めていました。

 

ちなみに、多読の図書は、本校が今年度の大阪府の「学校経営推進費」の支援校に決定したことにより購入支援を受けたものです。( 5月22日の校長ブログ参照)