6地区PTA協議会

本日は、第6ブロックのPTA協議会の研修会。会場はアウィーナ大阪。PTAの役員の皆さんにも多数参加いただきました。

講師は佛教大学の教育学部の原清治教授。テーマは「社会が求める力について考える―高校生が進路選択する際に必要な支援とは」。

一部進学校では、親が子どもの職業を決めている実態、大学生の「一人ぼっち」になりたくない、一人でいるのを見られたくないといった心理葛藤の様子などなど、実例を交えたお話は大変面白く、考えさせられる講演でした。

社会関係資本。ソーシャル・キャピタル。人々の間の信頼、規範、お互いさまの心、つながりを要素とする、各学問分野で注目を集めている概念です。この社会関係資本を高めていくためにも、高校生への「後押し」が欠かせないのは原教授の言われるとおりだと思います。そのために何ができるか、地域の方々とと一緒に考えていきたいと思います。