3年生進路講演会

本日は3年生を対象とした進路講演会。今日集まったのは70~80人。

1学期の期末考査も終わった直後ですが、既に本格モードに入っている人には一層の気合を入れる話になりました。またようやくこれからという人にとっても心に火がつくは貴重な話だったと思います。

 

講師は大学受験界に精通した民間教育アドバイザー。

ポイントは、①起床時間、就寝時間、勉強を始める時間など、毎日のリズムをつかむこと。②目標を高く持ち、最後まであきらめないこと、③今の段階から教科を絞らないことなどなど。また進路部長も言っていましたが、とにかく「その学校に行きたいと」強く思うことが大切です。モチベーションを高めるためにも、「熱い思い」は不可欠です。

 

「進路の手引」に掲載されていますが、今春大阪市大に入学した67期生の合格体験記が胸を打ちます。勉強に集中するため携帯を解約し、塾や予備校に行かずとにかく学校の授業を大切にしたこと、3年生の夏休みには1日13時間の勉強を目標にし一歩も外に出ず、集中力が切れると逆に扇風機を止めてやりぬいたとのことなどなど。

皆さんには先輩たちのすばらしい前例があります。目標を高く持ち、自分ならやれると信じやり抜くこと。結果はともかく、すばらしい人生の思い出になることは間違いありません。