教員研修

 今日の放課後は教員研修。授業力の向上のための研修です。講師は京都工芸繊維大学の内村浩教授。テーマは「アクティブ・ラーニング」。直訳は「能動的な学び」といったところでしょうか。


今、大学入試が変わろうとし始めています。これまでの知識を問う問題から、考える力を問う問題へと。そうであれば教える側の意識の変化も欠かせません。


高校の教諭をも経験された内村先生。実体験に基づく授業への提言は、示唆に富むところが多く、大いに参考になりました。

 TeachingからLearningへ。本校教員にとっても刺激あふれる研修になりました。