ハルカスを眺めて


今日は冬至。1年間で昼の時間が最も短くなる日です。今日の夕刊に「ハルカス、一番長い日」とのタイトルで、あべのハルカスの西側に長い影ができた写真が紹介されていました。


学校は26日まで。今年もあと一週間となりました。写真は、今日の学校からみたハルカスです。本館4階の物理教室から北館越しに眺める姿です。 


あべのハルカスが全面オープンしたのが3月。学校でもこの1年いろいろありましたが、学校から日本一のビルを眺めていると、何かしら気持ちも大きくなってきます。ハルカスは、阿倍高生にも勇気や元気を与える存在かもしれません。