クリニクラウン講演会

今日は、PTA主催のクリニクラウン講演会に出席。

クリニクラウンとは、病院「クリニック」と道化師「クラウン」を合わせた造語。入院生活を送る子どもたちの病室を定期的に訪問し、遊びや関わりを通して、子どもたちの成長をサポートしながら笑顔を育む臨床道化師のことです。

参加者はPTAの皆さまのほか、看護・医療系進学をめざす生徒や教員。

 

講師は活動団体で事務局長補佐をしながらクリニクラウンでもある熊谷恵利子さん。病院訪問などの活動状況をお聞きするとともに、クリニクラウン養成にも使われるワークショップを行っていただきました。

ワークショップでは参加者全員が大いに盛り上がりました。「拍手リレー」「ハイタッチ」「押し相撲」などなどのゲームを通じ、楽しさの中にコミュニケーションの本質とは何か考えさせられました。最後はクリニクラウンのトレードマークでもある赤い花をつけて記念撮影。参加者の皆さま、お疲れ様でした。