鉢の植え替え

  今日は午後から出張のため学校を不在にしたので、生徒の姿をお伝えできません。

 校長室にある観葉植物。4月に着任したときから元気に育っているのか気になっていたのですが、このたび何事にも造詣が深い教諭おかげで植え替えに成功。ガーデニングに全くの知識のない自分にとっては感謝感謝です。

 ネットで調べてみると、基本的な観葉植物の育て方のポイントは「水やり」「日光」「養分」だとか。

水やり   水切れを起こしたままだと当然枯れてしまう。あげすぎても根腐れを起こして枯れてしまう。

日光  しっかりと日光に当てた方が丈夫になり、樹態も充実する。ただいきなり直射日光を当てると葉焼けを起こす場合があるのでレースカーテン越し、ガラス越し程度の日光をしっかり当てること。

養分   速効性、緩効性、遅効性の3タイプがあり、それぞれメリット、デメリットがある。ただ、肥料をあげすぎると根が焼けてしまうので注意

 読んでいて、考えさせられました。教育に通じるものがあるなあと。

 人も生物も育て方を間違えてはいけないようです。