エコキャップ運動

 阿倍高ではエコキャップ運動を進めています。

 この運動は、ペットボトルのキャップ収集を通じ、キャップの再資源化を促進することで焼却に伴うCO2の発生を抑制し、再資源化で得た売却益をもって、世界の子どもたちにワクチンを寄贈し救済することに寄与することを目的とするものです。

 自治会ニュースによると、今回の運動で40kg、16000個のキャップを集め、阿倍高も参加しているワクチン基金団体全体では、37万円のワクチンを送ることができたとか。

 この取組みにより、社会貢献意識の高まりもとより、生徒たちが環境問題や世界が直面する貧困問題など、学び行動するきっかけになればいいと思います。

 

 本校の収集場所は玄関口にあります。