Blog

Blog阿倍高ブログ

1,2年看護医療系ガンダンス

12月17日に看護医療系ガイダンスを実施しました。
これまでは専門学校にお世話になり、1日看護体験をしていましたが、コロナの影響があり、今の1、2年生は医療の現場を経験する機会がなくなってしまいました。
そこで、本校卒業生で大阪市立大学附属病院に勤務する現役看護師の平井さんに医療現場についてのお話をしていただくことになりました。医療現場の厳しさ、進学先の厳しさが十分伝わったと思います。
平井さんの講演の後は、それぞれの希望に分かれて、2分野の聴き比べを行いました。「理学療法と作業療法の違いは?」「救急救命士に休みはありますか?」など、学校の先生では答えられないような疑問が解消されたようで、進路決定の一助になったと思います。
なりたい職業が固まったら、進路実現に向け本人の努力が必要となります。
夢の実現まで、頑張れ阿倍高生!