生徒心得

1 服装
服装は、高等学校の生徒らしく、端正、質実、清潔を旨とし、華美なもの、下品なものを避ける。通学の服装を次のように定める。(制服の変形は認めない)

(1)男子生徒黒の標準型の学制服とし、本校のボタンと校章をつける。夏は、上着なしで白のワイシャツまたは開襟シャツを着用し、左襟に校章をつける。冬は上着の下を白いワイシャツとする。

(2)女子生徒本校制定の制服、色は濃紺、左胸に本校の校章をつける。夏は、指定の夏ブラウスを着用し、左胸に校章をつける。

(3)男女両生徒について

(ア)冬服期間を11月1日より4月30日までと定め、それ以外は登下校時を含め、校内における冬服、夏服およびセーター、ベストの着用を認める。セーター、ベストの色は黒・紺・グレー・ベージュ・白の単色とする。また、学校指定同様の無地の物に限る。編み方等による模様などは不可。冬のオーバー等の防寒衣の着用は、登下校のみで校内での着用は認めない。
(イ)高校生らしい質素な革靴または運動靴とし、下駄、サンダル類はいけない。
(ウ)パーマ・染色・脱色・阿倍野高校生としてふさわしくない髪型・マニキュア・口紅・化粧・アクセサリー類・タトゥ等は禁止する。種々の事情のためこの通り実行出来ないときは、必ず生徒指導部に連絡すること。

2 通学

(1)登下校の際には交通道徳をよく守り、常に高校生らしい品位を維持すること。通学の方法は次の通りとする。

(ア)徒歩または交通機関を原則とする。
(イ)自転車は許可を受けた者のみとする。許可ステッカーを指定の位置に貼ること。
(ウ)単車、自動車等は認めない。

(2)遅刻をしないように心がけること。また、下校の途中みだりに寄り道などをして帰宅が遅くなり家庭に心配をかけないようにすること。

(3)土曜日・日曜日・祝日は登校を禁止する。ただし、自治会・部活動で登校したいときは担当教員、部顧問の指示に従うこと。

3 授業時間

(1)始業のチャイムが鳴ったら直ちに教室に入り着席し、または定められた場所に集合し、授業の準備をして静かに先生が来られるのを待つ。10分過ぎても先生が来られないときは代表が教務の先生に連絡すること。

(2)遅刻などをして授業中入室する者は、授業の妨げにならないよう静かに入り、先生に遅刻の理由を述べること。

(3)自習時間は、HR教室またはその他定められた場所で静かに勉強する。

(4)テストはすべて別に定める「考査についての心得」を守り厳正な態度で臨む。

4 授業時間外

(1)登校から放課後まで無断外出をしてはいけない。公用その他の理由で外出の必要あるときは担任の先生に届け出て、外出許可印を受けてから外出すること。

(2)常に掲示板に注意し掲示事項をよく心得ておくこと。

(3)校舎、学校の備品等は大切に扱いみだりに汚したり、壊したりせぬよう注意すること。万一汚損、破損のあったときは、すみやかに関係の先生に届け出てその指示に従うこと。

(4)常に校舎内外の清潔、整理、整頓に留意し、日々の掃除当番が掃除することは勿論、その他全員で教室内外の美化に心がけること。

(5)食事は、衛生に心がけ、エチケットを守り、秩序正しくお互いに迷惑をかけないようにすること。食堂利用等の細則は別に定める。

(6)下校時間は午後5時を原則とする。

5 校外生活

(1)学校の名において休日などに校外活動をするときは、個人たると団体たるとを問わず、関係の先生を通じ、その目的、日時、場所、費用などをなるべく早く自治会係に届け出て校長の許可を得る。

(2)外出のときは、保護者に無断でまたは偽って外出したりしない。また遊びの為の夜間外出や無断宿泊などは、決してしてはならない。

(3)細目は設けないが、高校生として立ち入るべきでないような所には各自の判断と自覚とによって寄りつかぬようにする。

(4)アルバイトをすることは原則として認めない。ただし、経済的理由等で希望する場合は、アルバイトの意義、内容、その間の学習・生活等について保護者とよく話し合い、合意を得てから必ず担任に届け出て指導を受けること。

(5)校外で本校の先生以外の方に補導等を受けたときは、すなおに返答し事後すみやかに関係の先生に報告する。

6 その他注意すべきこと

(1)貴重品や多額の金銭を持参しないようにする。もし必要上持参したときは、常に身につけておくこと。

(2)衣類その他所持品には必ず名前を明記し、また記名が出来ないものは番号、またはその特徴をよく覚えておくこと。

(3)大切なものは学校に置くことなく面倒でも家に持ち帰る。

(4)飲酒、喫煙、暴力、不正等の行為は絶対にしてはいけない。

(5)金銭、物品の貸借はしないようにする。

(6)盗難、紛失または拾得の際にはただちに関係の先生に届ける。

(7)生徒ロッカーは共有設備であるので大切に使用すること。

(8)単車等の免許取得は原則として禁止する。

(9) SNS等のトラブルに巻き込まれないよう充分注意すること。

2019年10月17日

Copyright© 大阪府立阿倍野高等学校 , 2020 All Rights Reserved.