校長ブログ

令和元年度 3学期始業式

あけましておめでとうございます。

今朝は大変厳しい天候の中、雨ガッパを着用して自転車で決死ながらの安全走行など、初日から頑張って登校できたことや、冬休み中では大きな事故等は聞いておらず、元気でこの場所に集まれたことをうれしく思います。

今日は2つの話です。

  1. 2学期終業式の話を振り返って

終業式では「新年に向けて新たな決意とその行動を期待します」と言いました。年替わりにはよく「心機一転」という言葉が使われますが皆さんはどんな決意をしたでしょうか。また、10年~20年後にはAIやロボットが仕事の半分を担う時代が来るという話もしました。これから人に求められる力は、新しいものを生み出すクリエイティブな能力、斬新なアイディアを考えられる能力であり他者とのコミュにケーションを通じて仲間と共に新しい価値を生み出す、つまり本校の校訓にもある「共創」する力が必要とされます。その力をつけるためには今、学んでいる知識をしっかりとつけ、そして「考える力」をつけることだとも言いました。その「考える力」をどうつけるのかは考える癖、習慣をつけることから始まり、深まり広がっていくものです。具体的にどうすればよいかは難しいことではありません。今、皆さんが続けている規律正しい高校生活に対し「自ら考えて」取り組む気持ち、姿勢に改めるだけです。やらされや、指示待ち的な受け身の姿勢でなく「自分の考えで行動を起こしていく」という認識です。

高校生活においては今日8日が元旦であり、今日、今から今年の新たな自分の具体的目標を立てることに加えて、皆さん全員に「何事も自らの考えで行動する」という認識をもって今日からスタートしてください。そしてこのすぐ後の2限目からさっそく頑張ってください。

2.同窓生からの寄贈(トレーニングマシンシステム一式)

ボディーメーカー(株)社長 33期 長渕 巧さまより高価な寄贈をいただきました。寄贈された理由を聞くと「自分は高校時代に良くない行動で先生に指導されるなどでお世話になった。その後は自ら考えて良いと思う行動を起こしてきたが、それらの経験が今の自分につながっている。その感謝の気持ちと後輩たちを是非応援したいという思いからの寄贈。」だそうです。これも「自ら考えて行動する」ことを続けてきたことの結果として起業に成功された方なのだと思います。尊敬いたします。

-校長ブログ

Copyright© 大阪府立阿倍野高等学校 , 2020 All Rights Reserved.