2017年

2月

11日

2月の学校の様子

 

体育のの授業は持久走です。男子は4KM,女子は3KM走ります。最初は苦しい顔も慣れてくるに従って余裕の笑みが出てきます。体力面も精神面も強くなります

 

 

 

 

 

1年生のかるた大会です。

 

いざ始まると身を乗り出して真剣です。

 

 

 

 

 

 

 

 

近くの幼稚園児が凧をつくって遊びに来ました。家庭科の授業で生徒たちと一緒になって走り回っています

0 コメント

2017年

1月

30日

学年末も大詰め!

 

玄関前の梅の花も満開となりました。まだまだ寒い日が続きますが、春の訪れも間もなくではないでしょうか。

 

 

 

インフルエンザで苦しんでいる人も多くいて、他校では学級閉鎖が相次ぎましたが、阿倍野高校では今のところかかった人も早く治すなどでなんとか学級閉鎖もせず生徒は元気に頑張っています。

 

 

 

 

1年生は27日(金)晴天の下で球技大会が行われました。教室の中とはみんな違う表情で発散していたのではないかと思います。 

 

71期生の1年生は、勉強はちょっと苦手かも?だけど明るくて元気が自慢!だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

28日には大阪府高等学校芸術文化祭開会行事が大東市で行われ、本校の演劇部の生徒たちが力強い「開会宣言」と「演劇」を披露し、笑いを誘うなど場内を沸かせていました。創部3年目であるにもかかわらずプロの劇団にも劣らない演技力とパフォーマスに圧倒されました。阿倍野高校生のまた新たな力が芽生えています。

 

1 コメント

2017年

1月

10日

いよいよ3学期・始業式

 本年もよろしくお願いいたします。3学期の校長式辞原稿を記載します。

  おはようございます。冬休み中、元気に過ごせましたか?学校には大きな事故の連絡もなく、またこうやって皆さんの元気そうな姿を見ることができてとてもうれしく思います。

 さて、今日から3学期です。少しだけ長かった冬休みが終わり、ちょっと寂しい気持ちになっている人もいるとは思いますが、3学期はとにかくあっと言う間です。特に3年生は学校が始まったかと思ったらすぐに学年末考査です。幾日通えばよいか知っていますか?授業は今日を含めて11日です。そのあと最後の学年末考査です。もちろん全員卒業できるよう全力で頑張ってください。また、これから受験する皆さんは追い込みですね。努力は決して自分を見放すことはありません。いつかきっと報われます。最後の最後まで頑張って努力してください。また、終わった人もいるでしょうが、そこはクラス全体が一体となって、最後まで頑張っている人たちを応援してください。そして、全員で素晴らしい卒業式を迎えましょう。1、2年生はそれぞれ自分の次のステージに向けて飛躍するための準備期間です。3学期の努力した成果がそのカギを握っています。頑張りましょう。

 

  それでは、今日は二つの話をしたいと思います。

  まず一つ目です。2学期の終業式の最後に「年末は自分から掃除をして運気を上げて元気に過ごしてください」と言ったのですが覚えていますか?

  運気を上げるとはどういうことかの続きの話を少しします。

  自分から掃除をしてきれいにすると心がすっきりして素直な気持ちになるというのがわかりましたか?

  見ているものに人の気持ちは似てくるのです。きたないものを見ると心が荒みます。すさんだ心の人は 何かと攻撃的で他人の欠点ばかりが気になり、ひがみやねたみが強く相手を受けいれなくなります。そしてトラブルが絶えず人間関係をわるくして、孤立してしまうのです。 私も整理するのが下手なほうで、油断すると机や周りが汚くなります。そういう時って仕事がうまくいかないので意識して心がけています。

  逆に素直な心の人は心に余裕があり、相手の長所を抵抗なく受け入れ、相手の喜びを自分の喜びに変え、相手の苦しみには自分に何かできないかと寄り添う心ができるのです。

  このように、素直になると仲間や協力者が増えます。協力者が増えると逆に自分の長所が活かされ努力以上の成果が出るのです。そしてまるで運気が上がったような感覚になりその成果がでるのです。だから「自ら掃除をして運気を上げて元気に過ごしてください」と言いました。

  今からでも勉強や部活動など努力しているものに成果をあげていく一つの方法なのでやってみてください。身の回りはもちろん、トイレや風呂等、特にそのことで他の人が喜び、同じ気持ちにさせるのはさらに効果があります。なんでも少しでも良いのでやってください。

 

  二つ目です。

  毎年のことですが今年の正月もスポーツ中継が多く、高校ではサッカーやバレー、そしてラグビーも全国大会でおおいに盛り上がっていました。

  私もクラブ指導、種目はラグビーですが、長年続けてきました。ラグビーの全国大会では役員として全国のチームの試合運営のお手伝いを毎年30年間続けてきました。

  毎年見てきて確信できることを1つだけ話します。勝ち進み成果を出せるチームとそうでないチームには技術云々の話の前に、明らかに違う「何か」があるということです。

  それはコート内ではなくてコート外にあります。私はその場に居るからわかるのですが、毎年勝ち残るチームはコート外のプレイに「勝者にふさわしい余裕ある心づかい」が感じられます。つまり自分たちがこの場いることに常に感謝する心をもって行動しています。身の回りを整理から更衣室など使用場所の整理整頓と清掃、我々運営スタッフへの対応、各県代表としての自覚ある言葉の掛け合いなど、勿論、今から試合だという時にそんなことに気を使っているようではプレイに集中できません。しかしすべてマネージャーやほかの人に任すのではなく自分の無意識で自然な行動で徹底されているのです。

  ある時、私が重い荷物を運んでいる時、一旦荷物を下において、重い扉を開けてから荷物を持ち直そうとしたとき、偶然通りがかった選手の一人が素早く荷物を持ち上げて「先生、どこに運べばよいですか」と言いながら歩き出したのです。流れに任せて所定の場所に置いてもらったのですが、私はおそらく控えの選手が協力してくれたのだろうと思っていました。実はその選手はそのあとの私が担当する試合のレギュラーだったのです。

  また、一回戦で負けるチームでもそのようなチームは翌年さらに勝てるようになります。  

  我々スタッフはチームへの対応は不公平なく均等にしますが、正直な話、つい自然にこのチームには勝ってほしいなと思ってしまいがちで、そういうチームは不思議と多くの人が応援しているためか運を味方につけて勝つことが多いので、これが先程の運気の話と同じなのかなと思います。

 

皆さんも勉強や部活動、自分の努力以上に成果を引き上げるのはいつもの心がけと小さな行動です。応援する人がたくさんいれば知らずに運気が後押ししてくれます。3学期、皆さんがそれぞれの課題に向かい、しっかりと力をつけ、成果を発揮することを期待して式辞といたします。

 

0 コメント

2016年

12月

16日

まもなく2学期も終わりです

 

まもなく2学期の終業式がやってきます。テストの答案も返却され午前中だけの授業が続いています。

 

今回は「朝学」の様子を覗いてみました。

 

毎朝8:25チャイムと同時に10分間の授業が始まります。一斉に学年別の英語音声が流れだし、みんな真剣に書き込んでいます。

 

朝一番から集中力がつき、その後一日の授業に良い影響を与えています。

 もちろん、遅刻などしている場合ではありません。

0 コメント

2016年

12月

12日

本日第2弾!今度はP.T.A.に感謝!「はたき作りと大掃除!」

 

去る127日に、P.T.A.保健衛生委員会主催の「はたき作り」が行われました。

 

大勢の保護者に参加していただき、たくさんのはたきが作られ、しかもその後すぐに校内の廊下、階段、更衣室などを皆さん完全武装で大掃除をしてくださいました。

 

 

 

この大規模な煤払いによって学校の何十年と溜まっていたほこりはどんどん落ちていきました。校長室にもはたきを一ついただいて綺麗にしました。

 

阿倍野高校は多くの人々の温かい愛情で支えられていることに心より感謝申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

1 コメント

2016年

12月

12日

クリーンキャンペーン

  

みんなで学校をきれいにしましょう!

掃除をすれば心もきれいになる!

 

期末考査最終日に、自治会執行部が声をかけてたくさんの生徒が集まってきました。今回はグランドの草むしりと中庭の落ち葉掃除です。

 

 

 

 

 

 

 

 

  みんな笑顔で自ら楽しんではじめます。学校も生徒の心もきれいになっていくのを見ていると、私は写真を撮っているだけで元気になってきました。今日からまたクラブや自治会活動などに励むのでしょうね。   皆さんありがとう!

 

0 コメント

2016年

12月

11日

頑張る生徒

 

DSC01221阿倍野高校では、マンツーマンの体育授業で明るく笑顔で頑張っている生徒もいます。

 

 

 

彼女は両足と左手がきかず、介助員の介助を受けながら学校生活を送っていますが、とても頑張り屋さんで毎日の授業や学習に積極的に努力しています。

 

 

 

 

DSC01219体育の時間に覗いてみると歩く練習から、車いすサッカーなど熱心に取り組んでいました。先生が「ちょっと休憩しよう!」と言ってもまたすぐに自分から動き出し、「今日はあそこまで歩こう」と挑戦している姿はとても素敵でした。

 

0 コメント

2016年

12月

06日

今日から期末考査

 毎朝の登校風景です。寝坊などで遅刻する人は殆どいなくて、予鈴の8:20には校門をくぐり、本鈴の8:25開始の朝学授業に備えます。英語のリスニング書き取りなどで朝一番から集中力を高め、そのまま今日一日の授業に活かします。

 今日から、期末考査です。朝早くから登校して教室で勉強している人がたくさんいました。みんな頑張っています!

 

0 コメント

2016年

11月

23日

第2回 学校説明会

11月19日(土)第2回 学校説明会が行われました。午前10時と午後1時に分けられ、さらにそれぞれ視聴覚教室と会議室に分けられて合計4回の説明会になりました。雨天にもかかわらず、中学生・保護者合わせて580名の参加となり、年々増加していることから、本校への関心の高さに驚いています。交通至便なところから学区撤廃後に府内広範囲の地域からの入学生が増えたこと、朝学や多読など本校の取組みに効果が現れたこと、進学実績が向上したこと等がその要因ではないかという話がありました。本校は今後も落ち着いた環境と校風の中で、「文武両道」をスローガンに切磋琢磨し、「変化・進化・挑戦」していきます。参加者のみなさんありがとうございました。

0 コメント

2016年

9月

30日

校長退任のおしらせ

                                                                                                  平成28年9月30日

 生徒・保護者の皆様へ

                                         大阪府立阿倍野高等学校

                                            校長 久木元 秀平

                    校長退任のおしらせ

  

 平素は本校の教育活動にご理解・ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

 さて、私儀、本日付けをもちまして阿倍野高等学校校長を退任することになりました。在任中は格別のご厚情を賜り心から感謝申し上げます。

 退任後は、門真市教育委員会教育長(本日午前、門真市議会において同意)として、大阪府の子どもたちの育成に尽力してまいる所存です。今後とも相変わりませずご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 なお、後任の校長につきましては、10月1日付けをもちまして府教育委員会から発令されることとなっております。

 今後とも阿倍野高校の教育活動へのご理解ご協力をお願い申し上げます。

 

2016年

9月

29日

PTAへの誘い

 

PTAの皆様に二つの誘いです。(案内文はお子様を通じ配付済みです)

 

一つは社会見学会。日は10月30日(日)。行き先は和歌山方面。湯浅醤油の蔵の見学や黒潮市場などを回ります。蒔絵の体験もあります。参加費は3500円。奮ってご参加ください。定員35名です。

 

もう一つは「多読英語を楽しむ会」。

 

本校では数年前から、「訳さず英語のまま理解する」英語の多読を授業にも取り入れています。本の整備にはPTAの協力もいただいています。

とにかく英語力は問いません。新しく始める人も、やり直したい人も「これなら簡単」と思える本からスタートします。日は10月28日から3回。

 

いずれもお一人の参加でも大丈夫。トライしてみませんか。お友達もできますよ。

 

2016年

9月

27日

1年生のキャリア教育

 

今日、1年生の6限は仕事について考えるキャリア教育。講師は、テーマパーク研究家の本松豊太先生。ご自身の体験をもとに、テーマパークでの多種多様な仕事についてお話しいただきました。

 

 

 

まずは「テーマパークと遊園地との違いは?」という問いかけからスタート。生徒に違いを考えさせ答えさせます。それを踏まえ、パークの運営、パークの紹介・告知、会社のサポート、会社の資産保持といった分類から、様々な仕事を紹介されました。

 

特に興味深かったのは「ランドスケープ」という分野。セットと植物が一体となったパークの「ランドスケープ=景観・風景」を最高の状態で保守・管理する仕事ですが、言われてみれば「なるほど必要だ!」と気づかされます。とかくショーや接客など、ゲストと接する仕事が目に付きやすい傾向にありますが、陰で支える「裏方」としての仕事に従事する人の「仕事のやりがい」を感じました。

 

生徒たちもしっかり聞いていました。

 

2016年

9月

26日

苗代小学校との連携

秋の恒例行事となりました。

苗代小学校での運動会に向けてのテント張りの応援。

本日の放課後、野球部、サッカー部、剣道部のメンバーがお手伝いに行きました。テキパキとした阿倍高生のお手伝いにより、あっと言う間にテントが完成。

 

体育祭当日には、吹奏楽部のメンバーがファンファーレの応援も行います。(*写真は昨年のものです)

 

両校の関係は、お互い学校協議会の委員という密接な関係です。今後とも連携を深めていきたいと思います。 

2016年

9月

24日

オープンスクール

 今日はオープンスクール。中学生が約700人、保護者の皆様が約200人。天候にも恵まれました。お越しいただいた皆様に感謝申し上げます。

 

 まず体育館に集合。吹奏楽部のファンファーレのあと、校長、自治会長の歓迎のあいさつ。

 その後2グループに分け説明と校内見学。保護者の皆さまは視聴覚教室で学校説明会。阿倍高生も「案内役」で大活躍。

 

 中学生にとって、入試制度の改革により学校選択が難しいのが実態です。そのためにも学校の雰囲気を直接味わうのは大きな意味があります。今日、参加できなかった中学生の皆さま、学校説明会を別の日にも用意しています。是非ご参加ください。

2016年

9月

23日

明日はオープンスクール

 

明日はオープンスクール。開始は午後2時です。

 

阿倍高生は午前中授業。オープンスクールではホスト役も務めます。

 

 

 

今年も多くの中学生に参加いただきます。

 

今年は装いも一新。新し取組みももあります。

 

写真は昨年のものですが、中学生の皆さんには阿倍野高校の雰囲気を生で体感してほしいと思います。

 

2016年

9月

21日

麻しんに注意

 新聞・テレビで報道されていますが、

麻しん(はしか)患者が発生しています。

 麻しんは極めて感染力が強く、現在でも特効薬がなく、場合によっては入院や死に至ることもある厄介な病気です。手洗いやマスクでも予防できず、予防接種が唯一の対策です。

先日、保護者の皆様あてのお知らせと保健だよりを生徒の皆さんを通じてお配りしました。

 是非ご一読願います。

 

 

ポイントは、

①予防接種歴の確認をしてください。まだの方は早急にかかりつけの医療機関に相談してください。 

②お子さまが風邪に似た症状や体調不良を訴えたら、そのまま登校させず、あらかじめ医療機関に電話相談してからの受診をおすすめします。

2016年

9月

20日

台風16号

 台風16号にやられました。

 昨週末から本州を西から東につき切るコースが予想されていましたが、予想どおり。今朝の6時過ぎに大阪府全域に暴風警報が発令されました。もちろん10時までに解除もなく休校。

 

 本校では午後3時ころに雨風のピークを迎えましたが、4時過ぎには落ち着きました。とにかく無事大きな被害もなく過ぎ去ってくれたのは何よりです。

  

 ただ明日の天気も今一つのようです。台風一過のすがすがしい秋晴れとはならないようです。

2016年

9月

18日

近畿大会出場

 

17日、18日は陸上競技ユースの近畿大会。場所は京都の西京極競技場。今日18日、応援に行ってきました。

 

出場したのは、1年生の山村尚樹君。400ⅿ個人走と三段跳びの二種目に出場です。

 

 昨日の400mでは第4位に入賞!今日の三段跳びは、残念ながら決勝進出にあと2㎝足りませんでした。

 

今日の三段跳びは、時折雨が降りしきる中での勝負です。残念なのは、山村君の3回の試技のうち2回は雨が強くなった時だったこと。少しついていませんでしたが、天候に負けず全力を尽くしてくれました。本校の他の陸上競技部員も、雨の中一生懸命に応援していました。

 

大阪府予選を勝ち抜くだけでも大変なこと。これからもまだまだビッグな大会はあります。緊張感の漂う中で戦うことで、一段と飛躍してほしいと思います。

 

2016年

9月

16日

府教育庁の学校視察

 

今日は府教育庁から学校視察。阿倍高生をはじめ学校の様子を見てもらいました。

 

まず授業風景。1年生の英語・数学と2年生の数学。2年生は少人数授業です。そのあと校内巡回と学校課題の説明。電子黒板の活用風景も見てもらいました。

 

朝学と多読の取組みは本校の特色の一つですが、大きな関心を持ってもらいました。

 

2016年

9月

15日

センター試験説明会

本日の放課後は、センター試験の説明会。視聴覚教室に3年生が約100人参加しました。

今日は進路指導主事から、出願に関する注意事項やセンター試験本番の話、自己採点、さらに新年度までの一連の流れの説明などなどの説明。

試験日は来年の1月14日(土)と15日(日)。ちょうど4か月後。

くどいようですが、とにかく最後まであきらめないことが重要です。

 

 

2016年

9月

14日

自治会との約束

自治会の役員にはお世話になっています。この文化祭でも、実行委員会のメンバーに入り口ゲートを作製してもらいました。かわいい「アンパンマン」がお客様を迎え入れてくれました。来賓の方々の評判も上々。

 

この春、役員の皆さんと話し合いの中で、いくつか申し入れがありました。一気に解決とまではいきませんが、出来ることから進めています。

更衣室には時計がつきました。体育館前のタイルが割れているのは、滑らないような処置をしました。

 

まだ「宿題」がありますが、できることから約束を果たしていきたいと思います。

2016年

9月

13日

文化祭の余韻

 

盛り上がった文化祭も終了。

 

今日は大掃除と表彰式。

 

各部門での優秀作品をクラス別に表彰しました。

 

 

 

とにかく生徒たちのはちきれんばかりの笑顔は最高。

 

 

 

まだ余韻に浸りたいかもしれませんが、人間、切り替えが必要。とくに3年生は受験の山場を迎えます。今度は阿倍高生パワーを勉学で発揮してほしいと思います。

 

2016年

9月

10日

文化祭二日目

文化祭二日目。

いやあ~、盛り上がりました。例年以上だったかもしれません。天候も最高の文化祭日和。体育館の中は少し暑かったですが、熱中症になった生徒もなく無事終了。生徒の皆さん、保護者の皆さん、先生方、お疲れ様でした。

 

生徒たちは、一段とキラキラと輝いています。演劇、演奏、映像、ダンス、ライブ、パフォーマンス、作品製作等々で多才な才能を発揮。「素直だが少し大人しい」とのイメージが強い阿倍高生が、ここまで弾けるとは私にとっては想定外。それも節度ある弾け方は、見ていてすがすがしさがあります。

生徒たちの違った一面や、隠されていた才能を発見した驚きとともに、なんとも言えない充実感。本当に楽しませてもらいました。大袈裟に言えば、未来の日本へ明るい展望をもった一日。日本の教育は間違っていないと確信します!生徒たちにお礼を言いたいと思います。

  

そのほか、カレーライスをなんと630食作っていただいたPTAの皆様、同窓会の皆様、ありがとうございました。またご来場いただいた地域の皆様、本当にありがとうございました。

2016年

9月

09日

文化祭初日

いよいよ文化祭が始まりました。

素晴らしい天候にも恵まれました。

 

入り口ではアンパンマンが出迎えてくれます。

生徒は皆、はじけています。

とりあえず速報です。

2016年

9月

08日

明日から文化祭

いよいよ明日から文化祭。

今日は授業を2時間終えた後、全員で準備作業に。

テントの設営も生徒が行います。

中庭の自転車置き場も第1グラウンドへ移動。

舞台は整いました。

 

天気もよさそうです。

2016年

9月

07日

新年度の体制検討

今日は午後から府教育庁のヒアリング。来年度の教員配置や入学者の募集人員等について教育庁の職員と話し合いました。

 

一昨日の大阪府の教育委員会議において、府立や市立の高校の再編整備の対象校の発表がありました。入学者数や今後の中学卒業生の推移などを勘案し、再編整備の考え方が示されています。少子化の進む中、府立高校の姿も変わりつつあります。

 

中学生の進路先の検討もこれから本格化します。本校のオープンスクールは9月24日。

百聞は一見にしかず。是非お越しいただきたいと思います。

 

 

2016年

9月

06日

文化祭まもなく

放課後の活動終了後の校内。

着々と準備が進んでいるようです。

立て看板もきちっと見えないように裏返し。

教室内に整理しているクラスも。

台風がまた発生しました。

 

本番には大阪を避けてほしいものです。

2016年

9月

05日

オブジェ

 今週末は文化祭。ということで今週は短縮授業。放課後、生徒たちの準備が進みます。

 

 本館1階西側通路に置いてあるオブジェ。徐々に「進化」していきます。昨年はユニバーサルスタジオ風のゲートとしての役割を果たしました。今年はリユースされ、骨組みなどを利用し新たに生まれ変わります。

 

 どこで活躍するか楽しみです。

2016年

9月

02日

NZ語学研修のその後

 

    ニュージーランドの語学研修が終了して約1か月。

  久しぶりに参加したメンバーが集合。お礼の礼状を送るにあたっての全員集合写真の撮影です。

 

   参加者にその後の研修の「成果」をきいてみると、「朝学がめちゃ聞き取りやすくなりました!」

  やはり効果があったようです。

 

2016年

9月

01日

道場の耐震化工事終了

 

今日から9月。ここ数日、猛烈な暑さもおさまっています。秋の気配も漂ってきました。

 

剣道場と柔道場の天井の耐震化工事が終了しました。

 

耐震化工事については、既に体育館2階部分は終了済みですが、1階道場の天井部分のみ積み残しとなっていました。

 

今回の工事はその残り部分。天井がウレタンのような軽い材質のものとなり、もし天井部分が落下し頭に当たっても全く問題はありません。併せて照明もLEDの最新のものに変更し、非常に明るくなりました。

 

この夏、剣道部は本校の道場で練習ができず、近くの阿倍野中学や苗代小学校に「出げいこ」に行っていました。両校には感謝申し上げますが、これで「放浪の旅」も終了。これから落ち着いて練習に励めます。また柔道の授業でも安心して使えます。

 

2016年

8月

31日

CATS

 

今日3年生は芸術鑑賞。西梅田の大阪四季劇場で「CATS」を鑑賞してきました。

 

「CATS」は1981年、ロンドンでデビューして以来、世界各国で大ヒット。日本でも劇団四季が初演を飾って以来30余年、通算公園回数9000回という伝説のミュージカル。大阪では7月から13年ぶり4度目となる公演が始まっています。

 

休憩時間も含め、2時間半。ミュージカルの素晴らしさを堪能しました。終了後、生徒に感想を聞くと、少しストーリーが難解だったようですが、「歌とダンスに圧倒されました」。

 

 

 

劇団四季の営業の方と話をしましたが、「CATS」は観るたびに違う感想をいだく作品とのこと。昨年までの「ライオンキング」とは少し趣が違うようです。

 

チラシのコピーは「胸に迫る、誇り高き猫たちの生きざま」。確かに「忘れてはならない。ネコはイヌにあらず」というセリフが印象に残りましたが、立場や年齢、置かれた環境によって人それぞれ感じることが違う作品のようです。

 

 

 

残念ながら場内は撮影禁止。四季劇場の入り口と集合の様子を撮影しました。

 

2016年

8月

30日

文化祭の準備

 

文化祭が迫ってきました。

 

放課後2年生のクラスを視察。

 

立て看板や模擬店の装飾をつくっている生徒。

 

映像作品を編集している生徒。

 

皆、役割分担のもと「文化祭」に関わっています。

 

真剣に打ち込んだ人だけが味わえる達成感。

 

すばらしい思い出を作ってください。

 

2016年

8月

29日

PTA実行委員会

本日午後からPTA実行委員会。

メインテーマは目前に迫った文化祭の模擬店。

今年度もPTAにはカレーライス、じゃがバターを提供していただきます。

当日までの準備日程や役割分担について確認されました。

 

今年は物産店をしない代わりに、カレーライスに「集中」。

昨年より食数を増やしますので、混乱を防ぐためにも中庭テントでチケットの「事前販売」も行うことが確認されました。

 

 

文化祭は本校のメインベント。生徒も準備に専念していますが、成功の陰には保護者の皆様のご協力があることを忘れてはいけません。

2016年

8月

26日

1年生山村君、近畿大会出場

 

陸上部1年生の山村尚輝君が近畿大会(西京極競技場)に出場します。先日の始業式でも表彰しましたが、夏の大阪府予選で好成績をおさめました。それも三段跳びと400ⅿの二種目出場です。

 

三段跳びといえば阿倍高OBの原田君。現在立命館大学2回生。高校時代には三段跳びで国体2位という実績を誇り、先日も世界ジュニア陸上に日本代表として出場するなど大活躍。

  なんと二人は同じく三稜中学出身という間柄ですが、二人のこれからの活躍が楽しみです。

  

 山村君の近畿大会での出場予定は下記のとおりです。

 

9月17日(土) 400ⅿ

   9月18日(日) 三段跳び

 

2016年

8月

25日

図書館協議会

 

今日は、午後から大阪府学校図書館協議会に出席。今年度第一回目の評議員会がエル大阪で開催されました。

 

この協議会は、図書活動の充実をめざし、大阪府内の小中高の先生方による任意の組織ですが、本校は今年度、高等学校図書研究会の幹事校に当たっていることから参加。

 

 会議では、今年度の読書感想文コンクールや読書感想画コンクールの実施についての具体的な調整や、組織の見直しなどについて議論されました。

 

 読書活動の意義については言うまでもありませんが、読書コンクールなどを「裏方」として支える教員や司書のみなさんの活躍には心から敬意を表します。

 

2016年

8月

24日

古本バザー

 

本日、図書部員が校長室に来てくれました。文化祭での古本バザーの案内です。

 

毎年、図書部では、新しい本の購入資金として古本バザーを開催。生徒からの協力による文庫や漫画を販売します。協力冊数によっては、逆にバザーで購入する際の割引券ももらえます。私もここ2年間協力させてもらったこともあり、個別に案内をいただきました。

 

生徒のみなさんのうち、もう読まないなあ、置き場所に困っているなあ、なんて考えている人は、放課後、図書館まで是非持っていってあげてください。私の今年の目標は10冊。

 

 

 

*上の写真は図書室で撮影しました。下は案内チラシです。

 

2016年

8月

23日

始業式

 今日から2学期。9時に始業式が始まりました。みな元気そうです。

 夏休み中、講習、部活、NZ語学研修、勉強合宿、インターンシップ、オープンキャンパス等々、いろんなことにチャレンジ。

 心が変われば人生が変わる・・なんて1学期の終業式で言いましたが、このリオのオリンピックでの日本選手の活躍は、まさに選手たち自身が心を変え人生を変えてきた人たちそのものだと思います。

 生徒たちにも、心を変えるための一歩踏み出す勇気をお願いしました。特に日々の授業にのぞむ姿勢がとりあえずのスタートライン。

 「授業に取り組む姿勢が変われば、人生が変わる」。これを信じて行動を起こしましょう。

 

 

2016年

8月

22日

明日は始業式

 

 リオのオリンピックも閉会式を迎えました。生徒にとっては夏休みも大詰め。明日は2学期の始業式です。

 

 本日は、近畿地区高等学校長協会の連絡協議会に出席。和歌山市で開催されました。

 

 高校教育をめぐる諸情勢の紹介のあと、協議。

 

協議のテーマは、「学習指導要領の改訂を踏まえた授業改善」。

 

 和歌山県立熊野高校から「アクティブ・ラーニング」導入の紹介のあと、グループに分かれ議論。

 

 「アクティブ・ラーニング」。まだ聞きなれない言葉化もしれませんが、「課題発見・解決に向けて生徒が主体的・協働的に学ぶ」という視点から、今、文科省が推奨する授業方式です。

 

 本校でも意識的に取り入れる教員もいますが、各学校現場での課題が紹介され、実践上での課題などが話し合われました。

2016年

8月

19日

勉強合宿二日目

  勉強合宿の二日目です。午前9時、生徒たちはまだ少し眠い表情で講義室に集合。

 まず大学関係者による大学入試情報をお聞きしました。また午後からは数学の「必勝講座」。講義のない時間帯は、自習や本校教員への質問コーナーの時間も。さらに進学個別相談の時間もありました。

 

 より上位の学校をめざすから受験勉強。手の届く範囲の大学をめざしていても、なかなか力はつきません。

 

 最期に、参加者から今後の「決意表明」。力強い言葉が発せられました。

 今回の勉強合宿が、参加メンバーにとって少しでも実りあるものになればこんなにうれしいことはありません。

 

2016年

8月

18日

今日から勉強合宿

 今日から勉強合宿。桃山学院大学をお借りし1泊2日の予定で実施します。2年生4人、3年生6人が参加。

 

 今日は、国語と英語の「受験必勝講座」のほか、志望校の選び方や効果的な学習方法などのノウハウ講座、さらに本校OB大学生による体験講話などなど盛りだくさんの内容です。私も一席。社会人に求められる力とは、またそれを育てるためには何が必要か、自分の体験をもとに話ました。

 

 特にOB大学生による体験講話は、生徒たちにとってはリアリティあふれる非常に説得力のある話であり、聞いていた教員も感動。こうした話は、今日参加できなかった生徒たちにも是非聞かせてあげたい内容でした。 

 

 明日は数学の「受験必勝講座」のほか、各自の「決意表明」まで。受験生にとっては、一段と暑い夏です。

 

2016年

8月

17日

明日から勉強合宿

 

今日は午前中、人間ドック。

 

毎年同じ病院ですが、看護師さんや事務員のテキパキした患者さばきに心地よさを感じました。

 

本校からも医療関係者をめざす生徒がいますが、いつか診てもらうこともあるかもしれません。

 

 立派な成長が楽しみです。

 

 

明日からは勉強合宿。

 

午後から、そのための資料づくり。

 

2016年

8月

16日

気象予報士講習会

本日、本校で「気象予報士講習会」が開催されました。対象は気象予報士に関心のある生徒と地学担当教諭。府内の高校から生徒5名、教員が約30名参加しました。講師は気象予報士の資格を持つ高校教員。本校は会場を提供。

 

ご存知、気象予報士はテレビの天気予報で見かける人気資格です。試験もそんなに簡単ではありません。本日の講習会は、ここ数年、本校を会場として地学教育研究会(府内の地学教員による任意組織)の主催により開催されているものです。

今日は天気予報の基礎を学ぶなど試験の入門講座となりましたが、明日も日本気象株式会社の見学会が予定されており、施設見学とともに実際の気象観測データの解析などの説明を受けます。

 

本日参加の高校生5名の中から、未来の気象予報士が誕生すればうれしい限りです。

2016年

8月

15日

終戦記念日

今日は終戦記念日。本校でも半期を掲げました。

 

お盆でもあり学校に来る生徒や教員は少ないですが、いくつか活動するクラブがあります。

 

中庭では、バスケットボール部員が午前中の練習の後、お昼休みをとっていました。午後からは他校で練習試合とのことです。

 

青春真っ盛り。

2016年

8月

12日

卓球部

お盆も近づき、学校には「ひっそり感」が漂いますが、午前中校内視察。

集会室では卓球部が練習中。

クーラーのない中、扇風機の風を受けながら打ち込み。

来週、新人戦が予定されています。

リオ五輪では、卓球で水谷選手が日本初のメダルを獲得。

生徒たちも練習にも熱が入ります

2016年

8月

10日

高校展

 

高校展。

高校生による美術作品の大会です。

今年で68回となる本大会。天王寺公園の大阪市立美術館で開催されています。

今日鑑賞に行ってきました。

 

部門は絵画、版画、彫刻立体、デザイン、工芸。

大阪府内の高校生が力作を出展。

 

本校の美術部員も絵画、デザイン部門に作品を出展しています。 

大会は14日(日)午後4時半までです。

 

 

これに先立ち、ハンドボール部の秋季大会を視察。

 

堺市津久野の家原大池体育館。

女子が試合。相手は泉北高校。2年生を中心にした新体制で挑戦しましたが、残念ながら敗れました。捲土重来。この夏も暑いですが、頑張って練習に励んでください。

2016年

8月

09日

語学研修から帰国

 今朝、ニュージーランドでの語学研修に参加していた生徒らが帰国しました。1年生15名と引率の教員2名。関空へ無事帰国です。深夜便だったので少し眠そうな生徒もいましたが、皆元気です。

 生徒の一人は「帰りたくなかったあ~」と、ニュージーランドでの盛りだくさんの内容に大満足の様子です。最後のフェアウェルパーティは涙涙だったそうです。

 この研修で、何かが変わったと思います。また楽しかった土産話を聞かせてほしいと思います。

 

朝晩は氷点下の国から真夏の日本へ。気温の変化は激しいですので、体調管理に十分注意をしてください。

2016年

8月

08日

夏休みの読書案内③

 リオ五輪も始まりました。日本選手も活躍し始めています。

 

今日の本は「ははがうまれる」。新聞の書評で紹介されていた本を、富田林の図書館で借りました。皆さんはタイトルから何を想像しますか。

著者は大学教授でありながら精神科医。赤ちゃんが生まれるということは、「母」が生まれること。赤ちゃんと同様、新しく生まれた「母」も育てられる必要がある。これがこのエッセイのエッセンスです。

こんな言葉が心に残りました。「子どもの誕生日はお母さんにとっては出産記念日。自分を祝ってあげよう。」「孤独感や疎外感を感じたら、(サッカーで言う)アウェイだと思えばいい。どこかにあなたのホームはある。」「人間は皆、人生の初心者。失敗はつきもの。親も初心者。子どもも初心者。」

 

子育てに悩むお母さんがいます。でも著者の言うように、初心者だからわからなくて当たり前。赤ちゃんを生んだおかあさんへの賛歌。自分は男ですが、男女とわず、我々の人生への励ましメッセージと感じました。

2016年

8月

05日

地域連携(中学生との交流)

第2グラウンドでは午後からサッカー部が練習試合。相手は大池中学と新北島中学。今日は中学生相手に阿倍高生が「胸」を貸しています。

 

本校では地域連携の一環として運動クラブが中学生との交流を行っています。サッカー部の今日の練習試合もその一環。そのほか、女子硬式テニス部、女子バレーボール部、剣道部なども交流試合や合同練習を行っています。

 

高校生にとっては中学生との交流は、異世代交流の観点から貴重な機会です。一方、中学生にとっても高校生との交流は、実力を試すまたとない機会です。中にはこの体験が大きな思い出となり、本校を志願し入学してくる生徒もいます。このような交流がこれからも代々受け継がれていくことを願います。

2016年

8月

04日

夏休みの読書案内②

今日の推薦本は「ぼくの命は言葉とともにある」。著者は福島智さん。9歳で失明、18歳で聴力を失った全盲ろう者である著者。今は東京大学教授。

皆さんは見えない、聞こえない世界を想像できますか。著者は「盲ろうの世界は宇宙空間に一人漂っているような状態」と言います。自分の存在も見失い、認識できなくなるような状況で生きていること。

ヘレンケラーは生後19か月で見えなくなり聞こえなくなりましたが、著者は、見える世界・聞こえる世界を堪能している中で、学校で意識的に学ぶ中で、次々に見える世界、聞こえる世界を失いました。ヘレンケラーとは違った苦悩があったことは容易に想像できます。

その壮絶な苦しみや苦悩の中で、著者が行ったこと、考えたこと。盲ろう者として初めての大学進学。そして東大教授。・・もう感動そのもの。

その真空に浮かんだ自分をつなぎとめるのは他者の存在。他者とのコミュニケーション。

 まず人とのコミュニケーションをとる方法を失った。コミュニケーション法として「指点字」をお母さんと一緒に発見。指を点字のタイプライターに見立て。しかしすぐにまた孤独に。1対1の会話ならなんとかなるが、複数の人がいる場面ではとたんに周囲の状況がつかめず置いてきぼり。そこでもう一人の人が「直接話法」(「○○さんが○○と話した」など)で指文字で伝えてくれることで何かがスパーク。

著者は、盲ろう者になり、自分に生きる意味があるか悩み、絶望感。しかし「極限状態の中で人間の本当の価値が発揮される」と考え、苦悩だ。苦悩には意味があると気づく。「どうして自分はこんな苦悩を経験しなければならないのか。理由はわからないが、この苦悩には何か意味がある。自分の将来を光らせるために必要なものなのだ」と考えるように決めた。

生きる意味、生きているというが、「生かしてくれている」という感覚。挑戦とは一人だけで頑張り成果を得ることではなく、常に有形・無形の他者の手助けとともにあるもの。重い一言です

 

とにかく。苦しみながら立ちすくんでいる人。生きることに勇気をもらえる感動の一冊です。一読をおすすめ。学校の図書館にあります。

2016年

8月

03日

夏休みの読書案内①

暑い夏です。今年読んだ本の中から何点か読書案内。

 

今日の1回目は、読書についての話です。

「夜を乗り越える」。ご存じ「火花」で芥川賞を受賞したお笑い芸人、又吉直樹の文学・読書論。熱心な読書家でもある彼(「又吉」との呼び捨ては失礼な気がします。あえて言うなら「又吉先生」という感じでしょうか)の読みの深さ・濃さ・鋭さを感じました。

 

なぜ本を読むのか。彼は主に近代文学を読んでいるようですが、本を読んで面白い思う瞬間として、①普段からなんとなく感じている細かい感覚や曖昧模糊とした感情を、文章で的確に表現され、自分の感覚を確認(共感)するとき、新しい感覚を発見したとき、と言っています。

彼は「人間失格」や「こころ」など、太宰や漱石や芥川の作品に共感し、何度何度も読み返したそうです。「読み方は人それぞれ。反応する場所も仕方も様々。一人の人間でも読む年齢によって異なる反応がある。文学は自分の人生に返ってくる」も同感。

 なぜ自分の気持ちがわかってもらえないのか、わかってもらえないこと、そして自分の説明能力の乏しさに悔しい思いをしたり、悶々としたりすることがある人も多いでしょう。文学は微妙な感覚を言語化してくれます。この力は、友だちとの間での会話、コミュニケーション能力の向上にもつながるものと思います。普段の会話や、ネットでの会話では伝わらない感覚でしょうか。語彙力や表現力を磨くためにも、読書の意義は確かに大きいものがあるでしょう。

 

とにかく、彼の読みの深さには脱帽です。「火花」では若手芸人世界の「空気感」をえがかれましたが、また「火花」に続く作品を世に問うてくれることと思います。

もう一つ。彼の本を読むと、無性に太宰や芥川が読みたくなる。すばらしいプレゼンターです。

 

図書館に寄付しましたので、ぜひ借りて読んでください。時間もそんなにかかりません。すぐ読めますよ。

2016年

8月

02日

陸上部と水泳部

 

 リオ五輪が近づいてきました。オリンピックの花形はなんといっても陸上と水泳。本校でも陸上部と水泳部が猛練習中。

 

 

 両部とも今月の中下旬に大会が迫っています。

 

炎天下での練習です。それだけに私のような年配者からすると熱中症がやたら気になります。

 

 ハルカスを眺める余裕もないかもしれませんが、水分と休養だけは十分にとって練習に打ち込んでください。

 

 

 

*写真は昨日1日、午前中のものです。

 

2016年

8月

01日

今日から8月

今日から8月。

夏真っ盛り。

学校では午前中、3年生が現代文の講習。

教室は化学の講義室ですが、超満員。

3年生はトップギヤに入りました。

 

玄関前では、床のタイル工事。予算に制約がありますので修復ですが、安全面にも気を配りたいと思います。

工事業者の方々、暑い中ご苦労さまです。

2016年

7月

29日

大阪府庁でのインターンシップ

2年生の晴間葵さんが大阪府庁でのインターンシップ(公務員体験)に参加しました。

7月21日、22日の二日間。場所は本人の希望もあり万博記念公園事務所。二日間、公園管理業務などを体験しました。

晴間さんは何事にも非常に意欲的。今回のインターンシップにも積極的に挑戦。来園者への案内、パトロール、生き物への餌やりや水槽の清掃など楽しく「仕事」をやり遂げました。所長からは「明日からでも是非事務所に来てほしい人材です」と大絶賛。本人は「充実した有意義な二日間になりました」。

 

公務員といっても様々。国(財務省、外務省、文科省など)、都道府県(大阪府、京都府、兵庫県など)、市町村(大阪市、堺市、東大阪市など)などの行政区分から、職種では行政・土木・教育・医療福祉等々。仕事の中身も、事務から、住民対応、現場管理などなど多様です。警察官や公立学校の教員も公務員。府立病院のドクターや看護師・理学療法士・薬剤師も公務員。建築士や心理士の資格をもった人もいます。

 

大学に進学してからも、公務員を目ざすことができます。職種によって試験も違います。公務員の仕事も大切な仕事です。知恵を出し合って、住民の安全、快適な暮らしのために働いておられます。皆さんも進路を考える際、一つの選択肢に含めてみたらどうでしょうか。

2016年

7月

28日

吹奏楽コンクール金賞受賞!

 

ニュージーランド語学研修、無事現地に着いたとの報告がありました。異文化理解にも思いっきりチャレンジしてほしいと思います。

 

今日は大阪府吹奏楽コンクール中地区大会。会場は八尾のプリズムホール。

 

 本校は高等学校の部A組(課題曲と自由曲。55名以内の部)に出場。出場チームは全部で17校の「激戦」の中、金賞を受賞しました。

 

本校の課題曲は「マーチ・スカイブルー・ドリーム」。自由曲は「ウインドオーケストラのためのマインドスケープ」。迫力あるサウンドは今年も健在です。トップバッターとしてすばらしい演奏を披露してくれました。終了後、部員に感想を聞くと、「やりきりました!」。皆、満足感あふれる表情でした。

 

2016年

7月

27日

ニュージーランド語学研修

 

今日からニュージーランド語学研修。1年生15人が関空から飛び立ちました。

今日の関空の国際線カウンターは、夏休みに入って海外をめざす人々で大賑わい。うらやましい限りです。

 

研修の期間は8月9日まで。生徒たちは、クライストチャーチのハーグレイ高で授業を受けたり交流を深めます。また現地でホームステイ。土日はホストファミリーと一緒に時間を過ごします。

 とにかくこのような経験はなかなかできない貴重な機会です。思いっきり楽しんできてください。

2016年

7月

26日

幼児教育ボランティア

  本校の3年生3人が南大阪幼稚園で幼児教育ボランティアに参加しています。期間は25日から3日間。最終日は夜のキャンプファイヤも行われます。

 

 この3日間、3人は園児との交流を深めながら、当日のグッズを作製。立て看板も作りました。園児とのふれあいの感想を聞くと、とにかく「かわいい!」。

 3人は将来、保育士を希望。頑張れ未来の保育士!

 

 

今日、夕刻、演劇部のフェスティバルを見学。昨日の練習の成果を発揮し、すばらしいパフォーマンスを披露してくれました。写真は撮影禁止でしたので、後日リハーサル風景をご紹介します。

 

2016年

7月

25日

演劇部

 

演劇部が同窓会館で大詰めの練習です。

 

同部は明日、「High School Play Festival 2016」に出演します。この大会は、大阪府高等学校演劇連盟の主催による歴史と伝統ある大会。今回は大阪の公立・私立の公私の25校が参加し、7月21日から8月2日まで3会場で開催されます。阿倍野高校演劇部は創立2年目、今年初めての挑戦となります。

 

 

本校の出演は、明日7月26日(火)18:30から。場所は長堀橋駅の「ウィングフィールド」(周防町ウイングス6階)。

 

今年は1年生が7人入部し、一段と活気が出てきました。すばらしい演劇を期待します。

 

2016年

7月

24日

進学フェア

 

 本日は高校進学フェア。大阪府の公立高校が対象です。場所はマイドームおおさか。朝の9時過ぎから中学生と保護者が大勢参加されました。

 本校は三つのブースを活用し、順調に説明。一時は順番待ちの列が廊下にまで及びましたが、混乱もなく終わりました。

 私も何人かの保護者や中学生と話をしましたが、府外や2年生の生徒たちもいました。

 受験生の皆さん、まだまだ時間はあります。志望校をめざししっかり勉強してください。

 

2016年

7月

22日

大学のオープンキャンパス

 

 夏休みに入り、各大学ではオープンキャンパスのシーズンを迎えます。

 

 本校の1年生にとっては、大学のオープンキャンパスへの参加は夏休みの宿題になっています。進路希望の確定していない1年生にとっての、進路を考える第一歩。

 

 大阪市大が8月6日(土)、7日(日)。

 

 関西大学が8月6日(土)、7日(日)。

 

 近畿大学が7月24日(日)と8月20日 (土)・21日(日)。

 

他に気になる大学があれば、進路指導室に相談してください。

 

 

 

 今日、午後から千里山の関西大学を訪問。入試事務局の方々と意見交換してきました。

 

2016年

7月

21日

今日から夏休み

今日から夏休み。

しかし3年生は補充授業。

1・2年生は部活。

学校は賑わっています。

写真は東館から撮影。

第一グラウンドで男子テニス部、ハンドボール部、第二グラウンドでサッカー部が練習しています。

 

3年生は明日も授業です。

2016年

7月

20日

終業式

本日は1学期の終業式。いい天気です。何年か前に校長として初めてのぞんだ1学期の終業式は、台風襲来によりやきもきし1日順延したことがふと思い起こされました。式が無事行えるだけでほっとします。

この1学期、個人的にはあっという間に過ぎ去ってしまった・・という感じです。ただ「充実感」より、何かに追いまくられていたというのが率直な感想ですが。

 

9時過ぎに体育館に全員集合。校長や生徒部長のあいさつのあと、部活で成績優秀だった生徒の表彰も行いました。

今日の話は「人生の選択」とからめ「心が変われば人生が変わる」。「心が変われば態度が変わる。態度が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。運命が変われば人生が変わる」。

野村克也氏やノーベル賞の大村智先生の好きな言葉を引用しましたが、うまく生徒の心に響いたかどうか。そもそも野村克也氏って今の生徒たちにはピンとこないことや、なぜ野村克也氏がその言葉が好きなのかが説明しきれなかったこと等、終わってから反省しきりです。また機会があれば伝えてみたいと思います。

 

終業式の後、生徒たちは自治会主催のクリーンキャンペーン。校内のゴミ拾いや日々の清掃活動を行いました。生徒たちの主体的な活動が、まずは「心が変わる」第一歩であったのであればうれしいことです。

2016年

7月

19日

修学旅行の思い出

3連休後の登校日。

梅雨明け宣言も出て、夏本番です。

 

東館の2階の廊下に修学旅行の写真が貼られています。

6月22日から25日の3泊4日。

生徒たちの笑顔を見たら、楽しかった思い出がよみがえります。

 

保護者の皆様も是非ご覧いただけたらと思います。

2016年

7月

15日

3年生進路講演会

 今日は3年生の進路講演会。夏休みを前に、今やるべきことの確認です。

 とにかく絶対にあきらめないこと。最期まで自分を信じること。そのために夏休みを前に、今からすべきことの確認が大切です。また成功した先輩たちの実践例が紹介されました。

 

  受験勉強では、志望校が個人で違うことから、志望校に特化した戦略を立て、主体的に自分をプロデュースする必要があります。加えて実行しきる意志の強さが求められます。

 このことは仕事も同じ。時間の使い方、情報処理の仕方もうまくなり、自分を「プロデュース」することが可能になります。勉強は将来の仕事にも通じます。

 さあ夏休み中の戦略を立ててください。あとは行動にうつすだけ。「暑い」夏を「熱く」してください。

 

2016年

7月

14日

ESS部

 期末考査が終わっても雨模様が続きます。

屋外型の部活は、天候に左右されます。突然の雨で急きょ廊下でのトレーニングに変更した部も。まだまだ梅雨は明けそうにはありません。一方、屋内型の部活は「安定」しています。

 

東館の展開東教室ではESSクラブ。毎週木曜日の活動です。今日のテーマは「英語でピザを発注」。最初に注文に関する単語や具材を特定できる単語を学んだあと実際に注文するという課題です。

 

私が訪問した時には、既にめでたくピザを食したあとだったようで、皆さん満足そうな表情でした。お願いして集合写真をゲット。笑い声も絶えない部員たちでした。

2016年

7月

13日

夏季部活動検診

午後1時すぎ、同窓会館前に運動部員の列ができています。昨日と今日の二日間、夏休み中の合宿や大会等を前にした部活生徒の健康診断です。

 

学校医さんによる個別検診が同会館の2階で行われました。生徒たちが放送での呼び出しにあわせ次々に来ます。その数、なんと二日間であわせて250人。部活の活性化とともに、学校医さんのうれしい悲鳴です。本当にありがとうございます。

2016年

7月

13日

PTA協議会

本日は第6ブロックのPTA協議会の総会。場所はアウィーナ大阪。

総会の中では、各校のPTAが発行するPTA新聞の相互交換や、各校PTAの取組み状況の報告がありました。

今日のメンバーの中には、昨年発行したPTA新聞が、近畿地区高等学校PTA連合会の優秀賞を受賞した学校もあります。

 

新聞に限らず、各校での取組みが互いに刺激を与え合ったようです。他校を参考に新たな取組みにチャレンジする学校もあると思いますが、PTA活動も進化しつづけます。

0 コメント

2016年

7月

11日

期末考査終了

今日で期末考査が終了。長かった試験期間も終わり、開放感いっぱいかもしれませんが、盛りだくさんの一日でした。

試験終了直後には、全生徒対象の「授業アンケート」。今年度1回目になります。今年も7月と12月の年2回行います。また2年生は「進路ガイダンス」。17の大学や専門学校から講師をお招きし、各学校の特徴や入試制度の説明を受けました。一番人気は近畿大学。視聴覚教室には155人の生徒が参加しました。

午後からは同窓会館で部活員のための熱中症対策やAED講習。AED講習では阿倍野消防署の救急隊員の皆様から、実地訓練によるAEDの扱い方をしっかり学びました。

 

勉強での動機づけと部活で配慮すべきこと。生徒たちは夏休みモードかもしれませんが、大切な一日だったと思います。

2016年

7月

10日

住之江球場に校歌

 参議院選挙の投票日。今回から18歳からの選挙権。3年生の該当者も何人かいたものと思います。

 

 本日、野球部は夏の大会の1回戦。住之江球場に応援に行ってきました。

 相手は合同チーム(6連南)。阿倍高は、タイムリーヒットも出ました。相手のスキをのがすことなくコツコツと点を積み重ねました。結果は7回コールド勝ち。住之江球場に校歌が響き渡りました。

 とにかく「勝つ」ということは、自信につながります。2回戦に向けて大きな弾みになりました。

 

2016年

7月

08日

原田君(67期生)がU20世界陸上に

 67期生の原田睦希君がU20世界陸上に出場します。U20とはアンダー20。すなわち20歳以下の選手の世界大会です。

  原田君は現在立命館大学2回生。阿倍野高校時代は、三段跳びで、夏のインタハイで7位、秋の国体で2位、日本ジュニア室内陸上で優勝という輝かしい実績の持ち主。大学に進学後も、着々と実力をつけ、記録も大幅に更新を続けています。

  いよいよ世界が見えてきました。大会は、7月19日からポーランドで開催されます。すばらしい結果を期待したいと思います。

 

*写真は日本ジュニア室内陸上の様子です。

 

2016年

7月

07日

中学校訪問

 

本日、阿倍野中学校を訪問。校長先生と今春の入試制度に伴う状況等について意見交換をしてきました。26年度から学区が撤廃され、本校に通う生徒も年々「広域化」。ただ、その地域性などについては、多面的な分析が必要ということで意見が一致。

  

 同中の階段踊り場には、公私様々な高校の特色あるPRポスターが貼ってありました。本校のものもありました。また廊下には各校の学校説明会の日程が貼られていました。

 

 中学校サイドでは3年生の進路指導がまもなく本格化します。また高校サイドでは、7月24日には公立高校の進学フェアが予定され、さらに各校で独自の説明会や学外での説明会も続きます。中学生のみなさんには、十分リサーチしたうえで後悔のない志望校選定をしてほしいと思います。

 

2016年

7月

06日

学校協議会

  今日は本年度第一回目の学校協議会。学校概要の報告のあと、テーマを絞り「学習のモチベーション向上に向けて」協議いただきました。

 中学3年生まで家庭での学習時間が多かったのに、高校に入った途端に減少するのはなぜか。様々な角度から議論いただきました。

 1年生からの学習への動機づけの徹底、部活との兼ね合い、様々な学習支援メニューをどう生徒に利用させていくか等々、多面的に議論いただきました。またホームページを通じ、保護者や中学生への情報発信大切さにも触れられました。

 貴重なご意見、ありがとうございました。大きなヒントを得たような気がします。できることは速やかに改善に向け取り組んでいきたいと思います。

 議事録は追ってホームページにアップします。

 

 また今日はPTAの委員総会や学年別懇談会も実施。PTAの皆さまも文化祭に向け準備が進みます。

2016年

7月

05日

今日から期末考査

 

 暑くなりました。 関西地方も梅雨が明けたかのような青空と気温です。

  

 今日から期末考査。校舎内を巡回しましたが、外から見た感じもなんとなくピリピリ感が漂っています。

 

 この考査が終了すれば夏休み。あとひと踏ん張りです。

 

2016年

7月

04日

明日から期末考査

明日から期末考査。

それに合わせるつもりはありませんでしたが、明日から体育館柔剣道場の天井部分の耐震化工事が始まります。主に夏休みを利用して工事を行います。期間は8月末まで。

既に先週末に工事業者のプレハブ事務所が体育館横に設置されました。これに伴い1年1組、2組の自転車置き場が使用不可となりますので、中庭駐車場に代替スペースを確保しています。

  安全面には徹底を図るよう業者に申し入れしていますが、生徒の皆さんも危険個所には入らないよう協力願います。

2016年

7月

03日

近畿地区高等学校PTA連合会大会

今日は近畿地区の高等学校PTA連合大会。場所は中之島の大阪国際会議場(グランキューブ大阪)。近畿各府県から2800名が参加されましたが、本校からもPTA役員の皆さんと一緒に出席この大会は近畿の各府県での持ち回り。今年は大阪が当番県でした。

 

開会式の後は、広報紙のコンクール表彰や特別講演やパネルディスカッション。テーマは「『生きる力』の源泉~子どもたちから学び、大人が育みたいもの」。奥の深いテーマですが、講演や対談の中から参考になることも多数ありました。

 

講師柳本昌一氏の「選手(生徒・子ども)が伸びた瞬間を見逃さずにほめる」「新しいことにチャレンジすれば必ず壁があるが、目標をもって取り組めばドアに変わる」「人生負け勝ち」など、数々の至言もいただきました。

2016年

7月

01日

明日は土曜学習会

 

今日から7月。

期末考査が近づいてきました。

放課後、1年生のクラスを巡回。 

各クラスで自主的に勉強会を開いたり自習をしたりしていました。

明日は土曜学習会。

 質問したいことがある人は遠慮せず参加してください。

期末考査は5日(火)からです。

 

2016年

6月

30日

勉強合宿に参加しよう

 

今回の勉強合宿(2・3年生対象、8月18・19日の一泊二日で実施予定。チラシは既に生徒に配布済み)にあたり、参加について悩んでいる生徒がいます。私も何人かの2年生に声をかけましたが、「結局は自分で勉強しなければならないから、家でする・・」との消極的な反応をもらいました。

 

家で勉強するのは当たり前。今回の合宿の目的は、二日間で英数国の学力をつけることではありません。そうではなく、家で学習するための意欲を高める手法や工夫、入試までのスケジュールを見通した勉強の仕方や、スランプに陥った時の脱出方法など、いわゆる勉強の仕方である「ノウハウ学力」を身につけることなのです。また関関同立など難関大学に合格するための学習ヒントもつかんでほしいと思っています。

学校としては、皆さんの学習意欲を高めるために側面的支援も行いたいと考えています。今回の勉強合宿の趣旨を理解の上、少しでも意欲や関心のある人は、勇気を出して参加してほしいと思います。

 

この勉強合宿の目的はいくつかありますが、大きな柱としては二つ。一つは「チーム意識」を持ってもらうことです。

神戸にある灘高校。皆さんご存知のように、東大合格率一二を誇る超進学校ですが、こんな話を聞きました。東大を受験する生徒は入試前日に上京しますが、何人かの生徒たちは一緒に新幹線に乗り、一緒のホテルに泊まります。そこで誰かが体調を崩したとすると、皆でクスリを分けあったり励ましあうそうです。皆はライバルである反面、一緒に合格をめざす仲間でもあるのです。

受験は団体戦とも言われます。同じ目標を有する者は、互いに刺激し励ましあいながら自らの学習意欲を高めます。まさにチーム戦。このチーム意識が、結果として個々の能力を高めることにつながるのです。

 

もう一つは高い目標を掲げ、その目標を「宣言」することが大きな意味を持つということです。

夢や目標を高く掲げることの意義は否定しようがありません。目標が手の届くところにあれば、なんなく達成できるかもしれませんが、果たして満足できるかというと疑問です。人間はより上をめざすから成長するのであって、可能性に挑戦することで達成感を味わうことができるものと思います。

目標を掲げる際に重要なのは、はっきりと紙に書いて机の前に貼り出したり、家族や友人に打ち明けることだと思います。確かに自分の胸に秘めるという方法もありますが、人間は意志の弱い動物。少しつらくなったら安易に目標変更してしまいかねません。強い意志を貫くためにも、「宣言」することがモチベーションの向上・維持につながります。今回の勉強合宿に参加することは、「宣言」すること。ぜひ参加した者同士で、目標を掲げあってほしいと思います。

 

「参加してもいいかな」と少しでも思ったら、迷わず参加してください。費用も割安です。決して後悔はさせません。

なお今回の勉強合宿では、サポーター会からもご支援いただくことになっています。サポーター会の皆さまには感謝しますとともに、保護者の皆様もお子様の「後押し」を是非お願いします。

 

2016年

6月

29日

募金活動

自治会では、昨日から熊本地震募金を始めています。朝には正門・中庭付近に役員が並び、登校する生徒に声掛けをしています。昼休みにも行っています。

命を失った方々。自宅を失った方々。未だに自宅に戻れず避難所生活を強いられている方々など、被災者は様々ですが、大阪からの思いを少しでも伝えることができたらいいと思います。

集まった募金は、日本赤十字社に届けられます。

2016年

6月

28日

勉強合宿を行います

 

夏休み中に勉強合宿を行います。日は盆明けの8月18日と19日。一泊二日です。対象は、2・3年の難関大学をめざす意欲のある生徒などなど。まだ漠然として目標が定まっていない生徒でも構いません。

一昨年までは、奈良県の明日香で実施していましたが、昨年はバス代が高騰したこともあり希望者が少なく中止。今年は桃山学院大学の協力も得て、近場で費用負担を抑え実施します。食費と交通費は実費となりますが、宿泊費は500円と格安です。

 

今回は進学メニューをそろえました。国公立大学や関関同立の入試傾向と対策、外部講師による国数英のワンポイント演習、さらに志望校対策の個別相談、大学入試センター長による講演もあります。また難関大学に進学したOB・OGからの受験必勝法のアドバイスもあります。自習ばかりではありませんよ。お得情報が満載の二日間です。

少しでも関大に行きたいなあなんて考えている人。悩む必要はありません。ぜひ友達も誘って参加してください。既に案内のチラシはお配りしていますが、締め切りは6月30日。

 

*写真は一昨年の勉強合宿の様子です。

 

2016年

6月

27日

梅雨の晴れ間

 

 2年生は修学旅行の代休日。

 

 

 

今日の昼休みの中庭。女子生徒が楽しそうに歓談中。お昼の食事を終えた女子バスケットボール部3年生の面々でした。

 

3年生はまもなく部活も引退です。名残惜しくも、次の進路目標に向けて切り替えが迫られます。そんな決意を新たにするかのように、メンバー一丸となって確認していたのかもしれません。

 

午後からは雨。明日以降も雨の予報が出ています。梅雨の晴れ間のほっと一息つける瞬間だったのかもしれません。

 

2016年

6月

25日

修学旅行最終日

 まるで奇跡です。

 

 修学旅行の最終日、ホテルを出るときから雨。バスの中でも途中大雨に遭遇し、もはや小樽での散策は絶望か・・とあきらめかけていたら、札幌を過ぎたころから一気に雲が逃げ、青空が広がりました。

 小樽運河の前でのクラス写真撮影のあと、自由行動。生徒の様子をお伝えしますが、時間とともにお土産袋を抱える生徒が多くなりました。

 

 そしていよいよ北海道ともお別れ。空路大阪へ。千歳空港に行くバスの中では、大きな虹が見送ってくれました。飛行機の中では雲海の景色も迫力満点。無事帰阪できました。

 

 二日目に強風のために遊覧船に乗れませんでしたが、それ以外はほぼ順調に予定のメニューを消化。少し忙しかったかもしれませんが、生徒の皆にとっては充実した思い出深い修学旅行になったものと思います。

 生徒の皆さまも本当にお疲れ様でした。先生の皆さまもお疲れさまでした(翌日の打ち合わせのための会議が深夜を越え、風呂に入る時間もないこともありました)。

 

 また看護師さん、カメラマンさん、旅行社の皆さま、本当にありがとうございました。

 

2016年

6月

24日

修学旅行3日目(その1)

 修学旅行の3日目。今日は曇り。ラフティングとアクティビティにとっては最高の日和です。

 

 十勝川は先日の雨により水量がいつもより多く、スリリングな条件がそろいました。途中の「関所」では歓声の連続。終わったあとは大満足の表情でした。

 またアクティビティは4か所に分かれており、それも結構ラフティング会場から離れており、取材に行けませんでした。ということで今日はラフティングに絞り、生徒の様子を拝見させてもらうことに。スタート地点と、中間地点、ゴール地点の3か所が撮影ポイントです。

 全員の写真は載せられませんが、勘弁してくださいね。

 

 夕食後は全体レク。その②で様子をお伝えします。

 

 早くも明日は最終日。すばらしい思い出にしたいものです。

 

2016年

6月

24日

修学旅行3日目(その2)

 3日目の全体レクの様子です。

 

 アクティビティが終了し、ホテルに戻り晩御飯を食べた後、ホテル近接の体育館に集合。本校の体育館が二つ入るくらいの大規模体育館です。

 ダンス部パフォーマンスによるオープニングのあと、修学旅行委員の企画運営によりいろんなゲームが繰り広げられました。クラス対抗なので応援にも力が入ります。

 

 最後は全員そろってのフォークダンス。ジェンカとマイマイ。マイマイには私も参加させてもらいました。マイマイ時、体育館いっぱいに全員で手をつなぎあわせた様子は、まさに「壮観」の一言。生徒にとっても、阿倍高生としての一体感を感じたのではないでしょうか。全員での写真撮影もありました。

 

 終わった後、生徒のみなさんから若いエネルギーをいただいた感がありあり。感謝とともに、生徒のみなさん、修学旅行委員のみなさんに御礼を言いたいと思います。

 

 早くも明日は最終日。素晴らしい思い出となるような修学旅行にしましょう。

 

2016年

6月

23日

修学旅行2日目

 修学旅行二日目。

 雨にはたたられなかったものの、朝から寒さと強烈な強風。ということで知床遊覧船が出港見合わせのため、急遽予定変更。阿寒湖の遊覧船に切り替えました。

 

 移動のバスの中ではお休みの生徒もいますが、みな元気です。キタキツネやリスにも出会いました。摩周湖は残念ながら「霧の摩周湖」。何も見えませんでした。

 

 夜にはクラス毎に分かれてのレクレーションも大いに盛り上がりました。その様子をご覧ください。

 明日はラフティングなど、アクティビティです。

 

 

2016年

6月

22日

修学旅行初日

修学旅行の初日です。

無事到着しました。

みな元気です。

 

3便に分かれて出発。

今日は網走監獄博物館。オシンコシンの滝。

とりあえずの速報です。

2016年

6月

21日

結団式

明日から2年生は修学旅行。行き先は北海道です。

今日の4限は結団式。随行する教員・旅行社・カメラマンの紹介や、団長・生徒代表のあいさつなど。そのあとは3日目に行われる全体レクの確認なども行われました。

 

みんなワクワク・ドキドキ。雰囲気からわかります。とにかく明日の集合時間には遅れないように。そして体調管理はしっかりと。

2016年

6月

20日

修学旅行準備

 

 いよいよ今週は修学旅行。水曜日から2年生が北海道に行きます。

 先週末には、スーツケースなど生徒たちの大きな荷物を配送。今日は教員間で日程等の詳細な確認を行いました。 明日は団結式です。

 北海道の朝晩はかなり寒そうです。上着は忘れないように。

 

2016年

6月

17日

教育実習生の研究授業

 

教育実習生の最終日となりました。

 

3週間お疲れ様でした。途中、体育大会を経験したり、いろんなことを学ぶことができたと思います。

 

最終週は研究授業が集中。今日も3人の授業を見学。みなさん、実習の成果を発揮していました。

 

教員に必要なのは、何よりも生徒に寄り添う力。授業テクニックは経験を積めばなんとかなります。志高く、当初の目標めざして立派な教員になってほしいと思います。

 

2016年

6月

16日

懇談週間

今日から1年生と3年生は懇談週間。2年生は来週、修学旅行になりますので7月になります。

懇談テーマは学年・個人によってそれぞれ。1年生は入学後2か月半。ようやく学校に慣れてきたところでしょうか。学校生活、学習、部活等々、それぞれお気づきの点がありましたら遠慮なく担任にお申し出ください。

 

3年生はもちろん進路がメインテーマ。本人にとって悔いのない選択に向け、充実した時間になることを願います。

2016年

6月

15日

PTA協議会

 

 午後から出張。

 今日は本校のPTAの実行委員会がありましたが、大阪府のPTA協議会の総会が重なったため、そちらに出張。場所は上本町のアウィーナ大阪。

 会場にいくには地下鉄「文の里駅」を使いますが、いつも感心するのは駅長室のデコレーション。毎月色紙などを使い、季節感あふれるメッセージを発信されています。

 今月は、傘を差したカエルが「ご利用ありがとうございます。傘を忘れないでね」。7月はおそらく七夕だと思いますが、8月は何でしょうか。ちょっと楽しみです。

 

2016年

6月

14日

成績優秀者

  本日、北館2階の廊下。休み時間中、生徒たちが何かに見入っています。

 中間考査の成績優秀者の名前が貼り出されました。ここは2年生の成績ですが、各学年別に、科目別や総合点など、いくつかに分かれて発表しています。 

 

 近くにいた男子生徒に「名前載った?」と聞くと、少し勝ち誇ったかのような余裕の表情で「はい」。

 生徒たちにとっては結構刺激になっているようです。

 

2016年

6月

13日

体育大会明け

金曜日には、天候に翻弄された体育大会もなんとか終了。土曜日には1回目の学校説明会も終え、心なしか一区切りついた感じのする月曜日。生徒たちはどう感じているでしょうか。

2年生にとっては次の目標は修学旅行。もう来週に迫っているので気持ちはウキウキかもしれません。

 

放課後、いつものような部活の賑わい。校長室前でもダンス部が練習していましたので、窓を開けて写真撮影のリクエスト。さっすがダンス部。快い返事とあわせ一瞬でポーズをとってくれました。

ダンス部は超人気クラブの一つ。今年は36名の1年生が入部しました。この数は、軽音楽部の41名についで、吹奏楽部と並ぶ2番目の多さです。今年も全国大会めざし練習をつみかさねてほしいと思います。

2016年

6月

11日

学校説明会

 

今日は学校説明会。今年度1回目です。暑い中、多数の中学生と保護者の方々にお越しいただきました。

今日の説明会は会場の都合もあり、午前と午後の2部制。午前は大阪市内の中学校、午後から大阪市外の中学校に分けて行いました。映像をつかった学校紹介や、進路や生徒指導の担当教員による概要説明の後、PTAの役員の皆さまの「保護者からみた阿倍野高校」をお話しいただきました。また個別相談も行いました。そのあとは校内自由見学。

まだ志望校を絞り切れる時期ではないと思いますが、本校への関心を持っていただけるのはうれしい限りです。このような学校PRの場は、本校にとってもメリットはありますが、中学生にとっても学習モチベーションを高める上でも絶好の機会です。

 

本番まで9か月。がんばれ受験生!

 

2016年

6月

10日

体育大会

 

 二日遅れの体育大会。

 

 やきもきしましたが、待ったかいがありました。すばらしい天候に恵まれ、溜まりに溜まったエネルギー爆発です。演舞はもちろん、デコレーションから種目すべてで阿倍高生パワーを発揮してくれました。

 

 

 

 同窓会が提供していただいたスポーツドリンク飲み場は大賑わい。保護者席も超満員。卒業生も応援に駆けつけてくれました。伝統校の体育大会の底力の発揮です。 

 

 とりあえず写真をご覧ください。

 

2016年

6月

09日

もう一日順延

 

 今日も天気予報は雨模様。ということで体育大会はもう一日延期しました。生徒たちはもちろん授業です。

 

 放課後に最後の準備。椅子のセッティングも終わりました。

 

 

 明日の予報はほぼ快晴です。生徒たちも二日間のモヤモヤ感を一掃する活躍をみせてくれることと思います。

 

2016年

6月

08日

一日順延

 

一日延びた体育大会。今日は予行を短縮したうえで実施しました。午後から第2グラウンドでの設営です。

 

 予行は4限、体育館に全生徒が集合。運動委員による大枠の説明がありました。教育実習生の紹介も行いました。

 

午後からは運動部員が中心となり会場設営。設営後も各団が練習に励んでいました。

 

あとは天気だけ。残念ながら明日の天気予報も今のところはあまり芳しくありませんが、悔いのない判断をしたいと思います。

 

2016年

6月

07日

予行中止

 

雨。

 

昼前から雨。

 

残念ながら今日の体育大会予行は中止。

 

ということで体育大会は9日以降に順延となります。

 

なんとか天候の回復を祈ります。

 

2016年

6月

06日

体育大会準備

 

 

 

 体育大会は8日。少し天候が心配されますが、校内では着々と準備。

 

 今日はテントの組み立て。運動部員たちが手伝います。今日の段階では、まだ地面におろした状態ですが、明日の予行では立ち上げます。

 

  また同窓会のご厚意によるスポーツドリンクも「到着」。本番に向けて冷やします。

 

 天気予報はあまり芳しくありませんが、ゴーサインにおいて判断に悩むことにないように願うばかりです。

2016年

6月

03日

相談室

 

教育相談室が新たにオープン。

 

今までは東館1階の集会室横にありましたが、少し手狭なうえ使用時間に制約がありました。今回は、本館1階西の端。従来の倉庫に使用していた部分を改修。応接セットやテーブルもあります。

 

 相談内容はなんでも結構。何か相談したい生徒は、担任の先生や保健室の先生に声をかけてください。スクールカウンセラーへの相談もここをでできます。

 

2016年

6月

02日

幼稚園での体験授業

本日、3年生の選択授業「子どもの発達と保育」では、幼稚園での体験授業。本校のお隣にある南大阪幼稚園の協力をいただき、園児との交流授業を行いました。

生徒たちは、幼稚園の年少、年中、年長の3クラスにあわせグループに分かれ、それぞれ一緒に食事したり、鬼ごっこしたり。楽しい時間を過ごす中で、幼児との接し方などを学びます。

初めての取組みですが、阿倍高生は手作りの名札や「おみやげ」を用意。かわいらしい幼稚園児たちも元気いっぱい。一緒に遊んでもらい大喜びの様子。阿倍高生の感想は「楽しかったです。また交流したいです」。

 幼児教育に興味・関心のある生徒にとっては、自らの進路検討において参考にできる実りある交流となりました。そうでない生徒にとっても、幼児とのふれあいの中で得るものの多い時間となりました。

 

これからも幼稚園に限らず、授業の内外で地域の人々との交流を深めていきたいと思います。

2016年

6月

01日

図書委員の活躍

今日から6月。暑さとともにジメジメ感が気になる季節を迎えました。

 

中間考査も終わり、読書に勤しむ生徒も増えています。図書館も活性化。各クラスで選ばれた図書委員も活躍しています。

3年生の図書委員は、「お薦め本の紹介」をポスター化。1年生の図書委員は、「図書館マナー」をポスター化。それぞれ力作ぞろいです。図書館横と図書館内に貼り出していますので、是非ご覧ください。

 

1年間に出版される新刊書籍は約8万点(2009年度)とか。1日にすると200点以上。これでは、いくら時間がある人でも全て読めるはずもありません。本との出会いは人との出会いのようなもの。素晴らしい本に出会えればこんな幸せなことはありません。であれば他人のお薦め本はうれしい限り。本の選択の道標となり、時間の有効活用にもつながります。

私も毎週日曜日に載る新聞の書評欄が大好きです。識者の書評は、本選びの参考になります。場合によっては書評だけで内容がほぼ見通せるものもありますので時間の節約にもつながります。

とにかく知らない世界に誘ってくれる本。本という存在は、まさにミステリー。

2017年

2月

11日

2月の学校の様子

 

体育のの授業は持久走です。男子は4KM,女子は3KM走ります。最初は苦しい顔も慣れてくるに従って余裕の笑みが出てきます。体力面も精神面も強くなります

 

 

 

 

 

1年生のかるた大会です。

 

いざ始まると身を乗り出して真剣です。

 

 

 

 

 

 

 

 

近くの幼稚園児が凧をつくって遊びに来ました。家庭科の授業で生徒たちと一緒になって走り回っています

0 コメント

2017年

1月

30日

学年末も大詰め!

 

玄関前の梅の花も満開となりました。まだまだ寒い日が続きますが、春の訪れも間もなくではないでしょうか。

 

 

 

インフルエンザで苦しんでいる人も多くいて、他校では学級閉鎖が相次ぎましたが、阿倍野高校では今のところかかった人も早く治すなどでなんとか学級閉鎖もせず生徒は元気に頑張っています。

 

 

 

 

1年生は27日(金)晴天の下で球技大会が行われました。教室の中とはみんな違う表情で発散していたのではないかと思います。 

 

71期生の1年生は、勉強はちょっと苦手かも?だけど明るくて元気が自慢!だそうです。