2019年

10月

16日

「笹りんどう」はスクールフラワー

笹りんどう.pdf
PDFファイル 973.3 KB

上記PDFに現しているものは、本校芝蘭会の方で生花市場を営んでいらっしゃる方が、本校の花いっぱい活動をお知りになり、急遽応援に駆けつけていただき、花壇の花をより華やかにしていただきました。

また、本校のフラワーシンボルである「笹りんどう」を生徒たちは知らないと聞き、笹りんどうの切り花200本をご提供くださり、各教室で観賞できるよう設置いたしました。とてもありがたい出来事でした。

2019年

9月

28日

第1回 オープンスクール

 今日のオープンスクールは400人以上の中学生と保護者の皆様がお越しくださいました。

 まだ残暑が残っていますが中学生の皆さんは意欲的に校内を見学していました。保護者の方々へは教員が説明会を開き、中学生には本校生徒が吹奏楽部の歓迎セレモニーから映像による紹介などいろいろな催しをして各クラブ活動や相談窓口などを開いて希望するところへ各自で行ってもらいました。

 阿倍野高校は3年後に創立100周年を迎えます。今の中学3年生が入学すると3年後は高校3年生として創立100周年記念式典の中心学年になります。阿倍野高校への入学によって、充実した思い出の深い3年間になるとともに、未来に向かって羽ばたいていかれることを学校は全力で支援します。

●今後の予定(各中学校へ案内)

①10月19日(土) 第1回 学校説明会  

②11月 9日(土) 第2回 オープンスクール 

③ 1月18日(土) 第2回 学校説明会

2019年

9月

26日

74期生 1年 ビブリオバトル大会

 9月24日に1年生「総合的な探究の時間」の授業で、4クラスずつのブブリオバトル大会を行いました。

 各クラス班ごとに行いチャンプを決め、次は各クラスのチャンプを決め、そして当日は4クラス集まってのチャンプを決めるという流れです。

 ビブリオバトルとは自分の好きな本を持ち合って語り合い、スポーツのようなコミュニケーションの場を作る方法です。ただ勝ち負けをつけるためだけのものではなく「人を通して本を知る、本を通して人を知る」ことでコミュニケーションの場が広がり、みんなで評価することで、みんなの視点がわかり、多様な価値観を気づくことができる機会でもあります。また、スピーチをする練習にもなります。

 この日は各クラスのチャンプたちが競いましたが、自分の楽しいと思える本のイメージをしっかりと持ち全員に是非読んでほしいという想いで、その楽しさが伝わるようにわかりやすく、楽しくスピーチをしていました。スピーチの表現にはそれぞれの個性が生かされいてとても楽しく聴けました。また、聴く生徒たちもとても集中していて、160人の視聴覚教室に雰囲気の良い空気が充満しており、充実したひと時となりました。生徒一人ひとりが自分や他人に対して多様な気づきをしていることでしょう。

2019年

9月

17日

ウィルチェアラグビー日本代表コーチ講演

9月17日火曜日

1.2年生は三阪洋行氏の講演でした。車椅子ラグビー(ウィルチェアラグビー)日本代表のコーチをされています。高校時代のラグビー練習で負傷し頸椎損傷によって車椅子生活を強いられて絶望感のどん底から、車椅子ラグビーとの出会いによって夢を持ち、あきらめず挑戦し続けた人生を語ってくれました。代表の生徒を乗せた競技用の車椅子同士の激しいタックル(激突)は会場を騒然とさせましたが、それ以上に「どうすればできるかを考えること」「違うことは個性であること」「自分の価値を高めていくこと」の大切さを語ったお話は心を熱くしていただきました。生徒たちには響くものがあったのでしょうか、聞く表情はとても真剣でした。最後は70期生の北村さんも3年前の講演に勇気をつけられて頑張り、現在大学で成績優秀により表彰されるに至ったことのお礼を言うために駆けつけてくれました。手紙の代読と本人のお礼の言葉は力強く、とても感動的なシーンとなり三阪さんも大喜びでした。

わざわざ阿倍野高校のために埼玉県から車を走らせて来ていただき、また車椅子から自分で車に乗り込んで大きな荷物を積んで帰って行かれた三阪さんの勇ましい姿はよても印象的でした。感謝したいと思います。

2019年

9月

07日

文化祭2日目

2日間の熱狂が続いた文化祭が終わりました。35℃という気温の中でしたが暑さに全く屈することなく、最後まで計画された通りに頑張り切りました。お越しいただいた皆様には、阿倍高生のパワーと優しい心遣いを感じていただけたかなと思います。暑い中ありがとうございました。生徒たちは終了後の片づけも協力し合いながらきっちりとやり遂げていました。

 

追伸、

阿倍野高校文化祭は生徒たちだけでなく、PTA実行委員会が頑張っている生徒たちのために何かお手伝いができないか、また生徒たちと一緒になって文化祭を盛り上げられないかという想いのもと、たくさんの保護者の協力をいただき、PTAバザーの開催やカップ麺の販売などを協力していただいています。そしてバザーの売上金は生徒自治会に寄付していただきました。

また、3年後の百周年記念に向けては本校の同窓会である芝蘭会がTシャツやタオルなどの記念グッズを販売していただきました。本校はそのようないろいろな人たちの大きな支えがあっての阿倍野高校です。

ご協力いただいた関係者の皆様には、素晴らしい文化祭となるよう盛り上げていただきましたこと、心よりお礼申し上げます。

2019年

9月

06日

文化祭1日目

いよいよ文化祭が始まりました!1日目は学校内のみでの開催です。今日は体育館の舞台ばかりを観劇しましたが、どのクラスもよく準備して練習を重ねていたのかがわかりました。正統派の演劇舞台があったり、ユニークな工夫を凝らした演出で笑いの多い舞台もあり、それぞれがクラスの個性を出してとても楽しく観劇できました。

クラス全員の共創力と団結力が20分間のパフォーマンスに凝縮して発揮されていました。本校の生徒には多様な力がまだまだ無限にあります。明日は一般のお客さん方々を巻き込んで盛大に楽しませてくれることでしょう!

2019年

8月

23日

2学期がスタート

この夏は猛暑が続きましたが、5月の10連休やG20などの影響で夏休みの日数が少なくて生徒の皆さんも慌ただしい日々だったのではないでしょうか。そんな中でも宿題や課題なども頑張ったことでしょう。セブ島語学研修や勉強合宿もよい成果を出してくれています。各部活動もWBGT指数計測で危険数値が目前になった日もありましたが、何とか中止することもなく全日活動ができました。合宿を行って頑張った野球部、男子バスケット部、ダンス部、演劇部、書道部や対外試合では陸上部や女子テニス部も表彰され、コンクールでは吹奏楽部も中地区金賞です。大人数の軽音楽部もライブを成功させました。ほかのクラブも暑い中で熱中症の報告もなく、自己管理をしながらスキルアップを図り本当によく頑張りました。さて、21日より2学期が始まりました。写真はいつもの登校風景です。遅刻者も極少なく0時間目の朝学習に取り掛かっています。当たり前の生活ですが毎日当然のごとく続ける、「凡事徹底」を貫く阿倍校生の姿は頼もしいです。文化祭も近づき、放課後も活気が出てきました。本校の特性である来てくれた人を楽しませる阿倍高文化祭、9月6日、7日が楽しみです。みんなそれぞれの目標に向かって気持ちがぶれることなく頑張るようにと始業式でエールしました。「夢は近づけば目標に変わる!」

2019年

8月

01日

演劇部 HIGH SCHOOL PLAY FESTIVAL

【失せ物】と題して阿倍野高校演劇部が素晴らしい舞台演劇を披露してくれました。

それぞれのキャストがそれぞれの役の個性を作り、みんな違った個性がお互いの特性を引き出し合いながら

とても表現力豊かで、そして堂々とした肉薄の演技で場内を魅了していました。そのすばらしさには、とても感動しました。また、間合いの取り方や、アクションも息があっており、よく練習しているなと思えたのは日ごろの努力の賜物ではないかと思います。ストーリーも昭和、平成、令和と三時代の移り変わりの中で人と人とのやりとりの心の間に置き忘れた何かを想像させながらコミカルにまとめているところはとても興味深い印象として残りました。感動をありがとうと言いたいです。

(心斎橋ウィングフィールド 7月27日18:30)

2019年

7月

10日

期末考査終了、夏の活動開始

 

期末考査も無事終了し、一息つきたいところですが、そんな時間も惜しいかのように、文化祭活動や部活動とそれぞれが一斉にスタートし、活発化しています。まだ、梅雨の時期は続きますが、それが過ぎると猛暑が訪れます。考査最終日の今日は、緊急時のための心肺蘇生とAED講習をおこないました。各部の代表生徒などが同窓会館に集まり、阿倍野消防署から複数の署員の方が来られて、実技講習をしてくださいました。グループごとに順番で、真剣な態度で「誰か来てください!あなたAEDを持ってきてください!あなた119番通報をしてください!」と大きな声かけて実演し、全員が人の命を守るための適切な行動ができるようになりました。また、今年からは暑さ指数を毎日計測しながら、運動活動の中止や制限を判断し、適切な対応によって生徒の健康と安全を守っていきます。

2019年

7月

08日

大阪ドーム開幕戦2

7月6日 全国高等学校野球選手権大阪大会 大阪ドーム開会式があり、

そして直後の注目された開幕第一試合には、阿倍野高校 対 花園高校

の対戦となりました。本校は昭和35年に甲子園に出場した経験もある。伝統ある野球部

です。ここ数年はいろいろな苦難を乗り越えて、今、復活への一歩を日々踏みしめながら、

着実にその戦力を向上させています。今年の旧6学区での野球部一年生部員数は、天王寺に次いで2位の

10人加入でこれからますます期待が大きくなります。試合結果は残念でしたが、手ごたえのある

攻防を見せてくれました。硬式野球部をはじめ阿倍野高校の部活動は自主自律の精神のもと、

熱心に活動しています。近い将来に、必ず大きな成果を各部が見せてくれる事でしょう。

是非、応援をよろしくお願いいたします!

2019年

7月

01日

野球部 大阪ドーム開幕戦

 

76日大阪ドームで硬式野球大阪府予選の開会式が11時より行われます。そして直後の注目の開幕第一試合には、阿倍野高校 対 花園高校が決定しました。阿倍野高校野球部はこれまでちょっぴり苦労もありましたが、多くの応援を受けながらようやく上り調子になっています。皆さん、是非!応援してあげてください!

 

写真は、大阪メトロ谷町線「文の里」駅構内で見つけました。おそらく地元の方が描いてくれたのでしょうか。このように素敵な応援を一般の方からいただいていることに感激しています!! 心より感謝いたします!

 

2019年

6月

24日

阿倍野高校創立百周年に向けて

2019年

6月

17日

イングリッシュ デイ 

 

                    English  Day  

 6月15日土曜日

阿倍野高校が初の取組みとして、グローバルな社会に向けて、国を越えた生徒たちのコミュニケーション力の育成を目的に、741年生全員が少人数のグループに分かれてあらゆる国の英語講師をお迎えして、自己紹介などの交流から英会話の実践を中心に、半日過ごしました。初めは緊張もありましたが、講師の先生方の素敵なリードもあり、次第に引き込まれて楽しい顔になっていくのがよくわかりました。自分の英語が外国人に通用することが分かるに連れて自信がつき、積極的で楽しい会話のやり取りになっていきました。

 

2019年

5月

25日

阿倍高を花いっぱいに運動

 

525日(土) 阿倍高を花いっぱいにする運動

 

阿倍野芝蘭会の有志の皆様が10年以上にわたり続けていただいている「阿倍高を花いっぱいにする会」を毎週第3土曜にお越しいただき、花の植え替えや、整備などをしていただいておりますが、今回はPTA,の皆様と元PTAの皆様のご協力をいただいて、阿倍高の花壇がより華やかに彩られました。当日は、生徒の土曜学習会に加えて、保護者向けの進路説明会が全学年時間をずらしながら開催したこともあり多くの来校者がその光景をご覧になりました。それぞれの方々が心温まる時間となったと思います。ご協力いただいた方々には、心より感謝もうしあげます。

2019年

5月

23日

救急救命講習

 

523日(木)救急救命講習(教職員)

今年の夏も猛暑が予想されます。また、その他の災害や緊急事態に備えて、救急救命講習が行われました。熱中症対策講習やAED実践講習、心肺蘇生実践講習と続き、先生たちは「万が一」に備えて熱心に取り組んでいました。

2019年

5月

07日

第34回 吹奏楽部 定期演奏会

 

55日 第34回阿倍野高等学校吹奏楽部の定期演奏会が行われました。毎年、保護者とその家族、そして生徒や卒業生等の関係者だけでなく、一般の方々まで多くの人が鑑賞に来られます。特に今年は、14年間にわたり顧問として熱心に指導してきた家舗教諭が、他校に転勤したことから、今回、最後の指揮を振られたことには特別な感動を与えてくれました。ありがとう!と言いたいです。

 

これから夏に向けては吹奏楽コンクールを目標にまだまだハードな練習が続きますが、本番に向けて頑張りますので、是非応援してあげてください。

2019年

5月

07日

道頓堀フェスタでダンス部ショー

 

54日 道頓堀フェスタにおいてプレイベントとして阿倍野高校ダンス部が、メインステージで独占ダンスパフォーマンスがありました。これは、3年後に控えた阿倍野高校百周年記念に向けた応援横断幕を道頓堀川の欄干に掲示する事業に加えて、急遽実現できた特別な企画となりました。最も人が賑わう大阪の中心地で、みんな活き活きしたダンスで、外国人を含む多くの観ている人たちを魅了し、大きな声援を受けていました。勿論、友達や保護者の方々もたくさん来られて盛り上がり、部員達には一生忘れられない思い出となったことでしょう。