登山ワンゲル部

平成29年

7月

平成28年9月

                                                  顧問 峯 宗和

 阿倍野高校の90年という伝統の中で、かつては『山岳部』と『ワンダーフォーゲル部』

が共に大勢の男子部員を抱え、アルプスの山々を闊歩していました。その後、この二つの

部は『登山部』あるいは『ワンダーフォーゲル部』として一つに統合されていき、現在は

『登山ワンゲル部」としてその活動が引き継がれています。近年は女子部員が多くなり、

フィールドの中で四季折々の自然に触れるということを活動の中心にしています。

 春は桜。摂津峡や京都・嵐山に出掛け、新緑の二上山に登ります。夏は清流。和歌山・

玉川峡での沢登り。秋は紅葉。箕面の大滝に出掛け、冬は金剛山の新雪に触れます。その

ほか、年間数回、バーベキューを野外で実施し部員の親睦を図ったり、神戸の散策や武庫

川渓谷を歩くなど、大阪周辺でのハイキングを楽しんでいます。